お腹ぷよぷよ見せても平気! レナ・ダナムが親友と下着姿で素になる

写真拡大

写真の修正は一切なし。

レナ・ダナムは、ランジェリーブランド『Lonely』による「Lonely Girls Project」に参加。

ドラマ『Girls』で共演した親友のジャマイマ・カークと一緒に、リアルな下着姿を見せています。

写真の背景とかポーズが自然なだけじゃなく、写真が修正されていないという意味でもリアルです。

どんな体型でも、自分らしいのが一番

Lonelyはニュージーランド発のブランド。

公式サイトには「ランジェリーを自分自身へのラブレターとして着る女性へ」というメッセージがあります。

そしてLonley Girls Projectの意図については

「体に対するポジティブなイメージや表現の自由を大事にするLonelyは従来型のマーケティングを避け、Lonely Girls Projecctを通じてそのコレクションに命を吹き込みます。Lonely Girls Projectとは、Lonelyを自分なりに着こなす世界中のさまざまな人生を歩む女性を取り上げる記録です」

とのこと。

平たく言ってしまえば広告なんですが、どんな体型でもポジティブに受け入れよう、その人らしいのが一番というメッセージが強く伝わってきます。

自分に正直でいたいから、修正はしないでほしい

20160905_lenaandjem2.jpg

レナは今年の3月に、『Lenny Letter』で、

「これからはもう写真を修正されたくない」

と宣言していました。

それまではお腹のたるみを消されたり、手足を細くされたりしても許容してきたけれど、ネットに出回った自分の写真がもはや自分自身に見えなかったことが決断のきっかけになったそうです。

この体は自分にとってたったひとつしかない体なんだし、誰より自分に対し正直でありたいと考えたんです。

高校からの親友とともに、女性を元気にしたい

Lonley Girls Projectにジャマイマも参加していることで、さらに親密な空気が濃くなっています。

ジャマイマはレナにとって高校以来の親友で、『Girls』共演者のなかでも特別な存在。『Girls』全体にも影響を与えていて、ジャマイマ自身がインタビューで

「レナは私の人生のあらゆるディテールを知っているから、それが作品のなかに無意識に出てくるのよ」

と語っているほどです。

ジャマイマはすでに2児の母ですが、10代の頃に中絶した経験をオープンに語ることで、同じ悩みを持つ女性の力になろうとしています。Lonley Girls Projectでも、レナと一緒に女性を元気にしようとする意志が感じられます。

ちなみに、『Lonely』は日本にもいくつか取扱店があり、オンラインで購入もできるようなので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい

・リアル過ぎて盗撮されてるかと思うレベル。SATCより共感しちゃう女子ドラマ

・レナ・ダナム、30歳。SNSは人種問題やフェミニズムのために使う

・声に出すことを恐れない。レナ・ダナムはヒラリーを応援

[Lonely Girls Project, Lenny Letter, WWD, The Telegraph]

©Lonely