天空の絶景「びわ湖テラス」がまるで別世界!滋賀の新名所に注目/画像提供:びわ湖バレイ

写真拡大

【びわ湖テラス/女子旅プレス】日本一の琵琶湖の絶景をひとりじめ出来る「びわ湖テラス」というスポットが滋賀県に誕生した事をご存じですか?標高1,100メートルの天空の世界で、目の前に広がる開放的な空と湖の絶景、そしてお洒落なカフェタイムを楽しめる新名所として今SNSを中心に話題沸騰中なんです。

【さらに写真を見る】天空の絶景「びわ湖テラス」で楽しめる絶景の数々/カフェメニューもお洒落なものばかり!

♥話題の絶景スポット「びわ湖テラス」とは?


今SNSを賑わせている「びわ湖テラス」とは、日本最大の湖「琵琶湖」の絶景とともに山遊びを楽しめる「びわ湖バレイ」という施設内に、2016年7月に誕生した新名所。

山嶺からロープウェイで約5分、標高1,100メートルに位置する「びわ湖バレイ」のロープウェイ山頂駅に隣接する「レストラン レイクビュー」横に誕生した「びわ湖テラス」のテラスからは、快晴時は雄大な琵琶湖を端から端まで見渡せます。

「山岳リゾート」にこだわった絶景テラスから見渡す青空と琵琶湖の大パノラマはとってもフォトジェニックで、インスタ映えも抜群。まるで欧米のリゾートに来たかのような異国の風情すら感じられます。

♥3種類の絶景テラスで思い思いの時間を


「びわ湖テラス」のテラスは第1テラス〜第3テラスまで全部で3段階。第1テラスは席数が全60席あり、併設された屋内カフェのメニューをテイクアウトして楽しむことも可能。

続く第2テラスではオープンエアのラグ空間でゆったり風を受けながらくつろぐ事が出来、最も琵琶湖に近い第3テラスでは、ウッドデッキ調のテラスをぐるりと囲むようにめぐらされた水盤に、空と琵琶湖の湖面が映り込み、まるで全てが一体になったような不思議な錯覚を味わえます。

♥貴重な「びわ湖テラス」からの雲海


またあいにく曇りがちなお天気の日でも、運良く雲海が出現すると、ロープウェイで雲を突き抜ける非日常体験をする事も。湖上にたなびく雲海はまるで山水画のようで、晴天時とはまた違った美しさと迫力が。晴天時でなくても諦めずに一度山頂まで登ってみると、珍しい雲海の絶景が拝めるかもしれません。

♥絶景テラスカフェで贅沢なひととき


「びわ湖テラス」に併設されたテラスカフェではインテリアにこだわり、薪の暖炉を中心に高級感のある暖色の家具を用いているため、石張りの柱や腰壁の板張りの雰囲気も相まって、まるで山岳の高級リゾートに来たかのよう。

テーブル席やソファもびわ湖を見渡せるようにレイアウトされているため、店内からテラスを見れば、四角く窓の形に切り取られた絵画のように美しい風景が広がっていて、絶景とともになんとも贅沢なカフェタイムを過ごせちゃいます。

♥美味しくってお洒落なカフェメニューも充実


こちらのテラスカフェでは主に地元・滋賀県の食材を活かしたスイーツやフードを展開しているのですが、特に女性から人気なのがジェラート。古株牧場のミルク、近江和紅茶に近江ほうじ茶、アドベリー、ビスコット、マンゴーなど、ひと味ちがうこだわりのフレーバー揃いです。

また、「テラスサンド〜本日のサンドイッチ〜」「びわ湖テラスカレーパン」といったオリジナルのフードも豊富なので、どれもお天気の良い日に絶景と一緒に食べたくなっちゃいますね。

♥天空の絶景スポットでデートしよう♡


「びわ湖テラス」は、素晴らしい眺望を楽しめるよう標高の高い場所に造られているので、市街地よりも7〜10度ほど気温が低いので、真夏でも涼しく避暑地としてもおすすめ。

ちなみに「びわ湖バレイ」は建物以外ならペットの入場もOKで、「びわ湖テラス」の場合はバッグやゲージ、だっこをすればOKとのこと。次の週末は絶景デートを楽しみに出かけてみてはいかがでしょうか?(女子旅プレス/modelpress編集部)

■びわ湖バレイ/びわ湖テラス


住所:滋賀県大津市木戸1547-1
電話番号:077-592-1155
びわ湖テラス営業時間:
平日9:30〜17:00
土日祝/夏休み9:00〜17:00

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。