3日、中国・杭州で20カ国・地域(G20)サミットに先駆け、G20ビジネスサミットが開かれ、習近平国家主席が演説した。同演説に対し国連の潘基文事務総長が「手本を示す中国に感激した」と中国メディアが伝えた。写真は潘基文事務総長。

写真拡大

2016年9月3日、中国・杭州で20カ国・地域(G20)サミットに先駆け、G20ビジネスサミットが開かれ、習近平(シー・ジンピン)国家主席が演説。同演説に対し国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長が「手本を示す中国に感激した」と中国国営ニュースサイト・CRI Onlineが伝えた。

習国家主席は「中国発展の新しい起点、世界の成長の新しい青写真」と題する基調演説を行い、中国や世界の経済について述べ、力強くバランスの取れた包容力ある成長の道を推進したいと強調した。

潘事務総長は今回で11回目のG20サミットとなり、国連事務総長として参加するのは今回が最後。G20での習国家主席の基調演説に深く賛同すると会見で述べており、今回のG20サミットが世界経済の発展における問題の解決で大きな成果が得られることを期待すると語った。(翻訳・編集/内山)