スマホと連動する新世代のコーヒーマシン

写真拡大

ネスレ日本が販売しているコーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」にBluetooth機能を搭載した新モデル「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i(以下バリスタアイ)」が2016年10月1日に発売される。インターネットとモノをつなげるIoTの技術を取り入れたモデルで、スマホなどと連動してコーヒータイムの楽しみ方を広げる。

(中見出し)スマホアプリと連動で、広がる楽しみ方

「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」は09年の発売以来累計300万台以上を売り上げるコーヒーマシンで、簡単なボタン操作で5種類の本格カフェメニューを作ることができる点が支持されてきた。バリスタアイはBluetoothワイヤレステクノロジーを搭載し、スマホ専用アプリ「ネスカフェアプリ」と連動させてさまざまな機能を使うことができる。

たとえばバリスタアイにはコーヒーの濃さや泡立ちを好みに合わせてアレンジする機能がついているが、調節した情報をアプリで「お気に入り登録」すれば自宅や職場のバリスタアイでいつでも自分好みのレシピを再現できる。また他のユーザーどうしでバリスタアイの使用状況をチェックできる「友達リスト」機能があり、ネスレ日本はたとえば離れた場所にいる家族の安否確認といった活用に期待を寄せている。ほかにも、使うごとにネスレの商品などと交換できるポイントがたまる特典など、アプリを通じて様々なサービスを提供する。

バリスタアイの発売と同時に、カプセル式コーヒーマシン「ネスカフェ ドルチェ グスト」の日本限定カプセル「宇治抹茶」も登場。16年2月〜3月の間に期間限定で販売したところ好評だったため、このほどレギュラー販売されることになった。京都府宇治市産の抹茶を特許技術で加工し、品質や鮮度を劣化させることなくカプセルにした。ドルチェグストの高圧ポンプで抽出することで、茶せんでたてたような本格的な抹茶を1分足らずで作ることができる。価格は16個入りで908円(税抜)。