自分らしい“大人のかわいらしさ”を求めて   資生堂「インテグレート」の新CMで闘志を燃やせ!

写真拡大 (全5枚)

 大学を卒業したのはついこの間・・・と思っているうちに、多くの女性が25歳の誕生日を迎えるのでは? 25歳といえばアラサーの一歩手前。20代も後半戦に入っていき、これまではあまり手入れをしなくても何とか乗り越えられてきた肌も、曲がり角を迎える。25歳は多くの意味で、女性にとっての大きなターニングポイントだ。そんなターニングポイントを迎えた25歳の乙女たちの気持ちを上手に表現しているのが、資生堂のセルフメーキャップブランド「インテグレート」の新CM「INTEGRATE GIRL’S STORY」だ。

 9月3日(土)に公開されたCM第一弾は「生き方が、これからの顔になる篇」。3人のミューズたち(小松菜奈さん・森星さん・夏帆さん)が登場し、「今っぽいかわいらしさ」と「大人らしさ」について、現代を生きる等身大の女子たちによる“議論”が繰り広げられる。「今っぽいかわいらしさ×上質なメーク」は、インテグレートのブランドコンセプトでもあり、20代の女性が大人のかわいらしさを身に付けることを応援したい、という思いが込められている。

 25歳は、10代のようにただカワイイだけでは通用しなくなる年齢。でも、だからといって女子としての“かわいらしさ”は捨てたくない。「25歳の誕生日は、めでたくない!?」「25歳はもう女の子じゃない!?」「でも、カワイイ大人の人もいる」・・・議論の末、3人がたどり着いた答えとは? 気になる人は、CMをチェックしよう〜。インテグレートのサイトのほか、Instagramでも視聴することができる。

 少しネタばらしをすると、動画の舞台はナナ(小松菜奈さん)の兄が経営する小さなカフェ。そこで、ヒカリ(森星さん)とカホ(夏帆さん)がナナの25歳のバースデーパーティーを開く。しかし、ナナの「めでたくない」という発言から、3人の議論が始まり・・・。

 20代には20代の生き方があり、20代としての“いい女”の条件があるはず。そして女子ならいくつになっても、ラブリーに生きたいもの。もう若くはない・・・と後ろ向きになるのではなく、あなたもナナ・ヒカリ・カホたちと一緒に、ステキな“大人のかわいらしさ”を見つけてみない?

https://www.youtube.com/watch?v=BDa3VpODNyk