日本のイノヴェイターたちが「いまの日本」に対して思うこと

写真拡大

日本が誇るべきイノヴェイターたちが、いまの日本に必要なものは何だと考えているのか。現在インタヴューを連載している「WIRED Audi INNOVATION AWARD」から、彼らの言葉をピックアップした。

「日本のイノヴェイターたちが「いまの日本」に対して思うこと」の写真・リンク付きの記事はこちら

日本が世界に向けて誇るべきイノヴェイターたちを発信する──。その趣旨のもと、WIRED.jpではこれまで25人のイノヴェイターたちのことばを集め、毎週更新してきた。先日は公募も行い、読者の皆さんから「この人ぞイノヴェイター」という多くの推薦も、多く届いている(現在は受付は終了)。

インタヴューでは、彼らイノヴェイターが考える「いまの日本」に足りないもの、そして逆に誇るべきものを質問している。そのなかから、いくつかの「日本への提言」を、紹介したい。

そもそも日本の企業風土自体が、リスクを排除し、合理性を求めすぎるがゆえに、まず実験してみるという精神があまりにも少ない。けれど、それでは新たな技術やシステムが到来したとき、あっという間に世界市場から取り残されてしまうでしょう。企業内に小さなイノヴェイション部署をつくって満足するのではなく、これからの企業はもっとR & D領域をアウトソーシングして、外部の思考を取り入れていくべきだと思います。(No.002:noiz architects共同主宰豊田啓介

グーグルによる1兆円の投資などの情報だけを聞けば悲観的になりがちですが、決してそうではありません。開発に必要な予算の確保はもちろん、日本の職人がもつ技術力やプロ意識。さらには、優秀で層の厚い大学・研究所・企業内の研究開発者。短期間で目標を実現するためには、それらのすべてが必要です。(No.001:PEZY Computing 代表取締役社長齊藤元章

日本人には勤勉で生産方法や生産技術の工夫を惜しまないという国民性がある。8時間の仕事を6時間に短縮しようとするのではなく、8時間をフルに使ってクオリティをさらに高めていく。しかし、世界的なトレンドがプログラムの時代になり、モノからコトの時代になりはじめた。そういう変化に追いつけていないのだと思います。(No.006:バルミューダ代表取締役寺尾玄

これからの日本は、進化のスピードを速める世界に伍していくために、何をすべきか。イノヴェイターたちのことばのすべては、ぜひ以下のリンク先にてチェックを。引き続き、インタヴューは本年末まで、毎週公開していく予定だ。

    齊藤元章──日本人が覚醒することで、「シンギュラリティ」への道は拓ける豊田啓介──建築の概念が変わるとき、社会は変わる瀬尾拡史──サイエンスの可視化が、世界の医療を変える中村勇吾──エンジニアリング思考が未来のディテールを変える玉城絵美──「触れるVR」が、現実を変える寺尾玄──体験しか売れない時代が来る高橋祥子──これから遺伝子は、もっとも雄弁な、自分の未来の“語り部”になる鈴木康広──処理できない曖昧な記憶がデータの未来を変える藤島皓介──宇宙生物学が切り開く「生命」の新たな地平和田永──何かが生まれる「卵」が人を動かし、無限の可能性を見せる冨田勝──例えば大学にジャグジーをつくることからイノヴェイターは生まれる宇川直宏──アートのウイルスが世界に感染するとき、イノヴェイションが起こる米良はるか──いま必要なのは、誰もが一歩を踏み出せる「心の設計」佐藤ビンゴ──「ヤバい」なんて、言わないで袴田武史──「チャレンジ」は、人を動かす。宇宙には、経済が生まれる本蔵俊彦──ゲノム解析は、すべてのビジネスを塗り替えるエキソニモ──ネットとリアルの境界線で、 現代社会をサヴァイヴする和田晃一良──ビットコインが、自由を取り戻すためのカギとなる加藤百合子──「農業」は、おもちゃ箱のようで、面白すぎる中台澄之──まるで錬金術。不思議な「産廃ビジネス」の世界小島秀夫──ゲームをつくり続ける理由。あるいは選択、失敗、そして挑戦についてtofubeats──音楽家はなぜ音楽をつくるのか。そして、産業のために何ができるのか真鍋大度──テクノロジーがコンテンツだった時代は終わった野老朝雄──エンブレムに込めた“祈り”は世界のリアリティに応答するために

INFORMATION

イノヴェイターたちの「未来への提言」インタヴュー公開中

「WIRED Audi INNOVATION AWARD」は、アイデアとイノヴェイションを手に未来へのヴィジョンを実現していくイノヴェイターたちを支えるべく、『WIRED』と Audi がスタートさせたプロジェクト。世界5カ国で発行されるWIREDがグローバルで進める本アワードにおいて、日本では、日本から世界に向けて世に問うべき“真のイノヴェイター”たちを発信していく。