6つのバーディを奪った松山(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ドイツ銀行選手権 3日目◇4日◇TPCボストン(7,214ヤード・パー71)>
 米国男子ツアーのプレーオフ第2戦「ドイツ銀行選手権」3日目。トータル3アンダー・46位タイからスタートした松山英樹は6バーディ・2ボギー“67”でラウンドし、トータル7アンダーに。20位タイに浮上して最終日を迎える。
【関連】米国男子ツアーフォトギャラリー
 「出だしの数ホールでバーディー取れたのが大きかった」と前半5番までで3バーディを奪った松山。前半9番で初ボギー後、後半は終盤まで1バーディ・1ボギーと停滞したものの17番、18番の連続バーディで順位を上げた
 3日目にして最もいい流れを作れた要因はパットの好感触で「思い通りのストロークで、思い通りのコロがり。ラインは別としても、自分の思ったことろに打てている。何カ所かミスがありましたが、ミスは減っているので良かった」。2日目の途中から感触を得はじめ、ラウンド後の練習で調整できたことが効いたという。
 手ごたえを得たグリーン上に比べて、ショットは「芯には当たっているので、まだ昨日よりはマシかな」といいつつも、(徐々に良くなっているとは)思えないくらい悪いので…」と不調を脱せず。
 それでも「少しでもいい順位で終われるように頑張りたい」と良い方向に向かっているパッティングを武器にさらなる浮上を狙う。
<ゴルフ情報ALBA.Net>