5ナンバーサイズのコンパクトセダンであるホンダ・グレイスに特別仕様車の「STYLE EDITION(スタイルエディション)」が登場しました。なお、この特別仕様車は全車ハイブリッドモデルとなっています。

1

コンパクトセダンは国内市場の縮小が指摘されていますが、グレイスはセダンならではの使い勝手の良さや静粛性の高さ、そして取り回ししやすいサイズ、ハイブリッドを軸に廉価なガソリン仕様も設定するなど、日本でこそ使い倒せる要素が盛り込まれています。

2016年9月2日に発売された「STYLE EDITION」は、フロントグリルやアウタードアハンドルなどにダーククロームメッキを採用し、ボディカラーに専用色の「ミッドナイトブルービーム・メタリック」、「ルーセブ ラック・メタリック」を新設定。

ブラックカラーとなるインテリアは、ブルーステッチを施した専用のコンビシートと本革巻ステアリングホイールを設定するなどしてスポーティムードが高められています。そのほか、ETC車載器も用意。

価格は「HYBRID LX 特別仕様車 STYLE EDITION」のFFが209万8400円、4WDが231万4400円、「HYBRID EX 特別仕様車STYLE EDITION」のFFが226万2400円、4WDが242万4400円です。

(塚田勝弘)

ホンダ・グレイスにスポーティムードを高めた特別仕様車を設定(http://clicccar.com/2016/09/05/396690/)