透明で平べったいウナギの幼生。布が宙を舞うように泳ぐ姿が美しい (YouTubeより)

写真拡大

 精をつけたい時に食べたいものと言えばウナギ。土用の丑の日に限らず、普段から私たちにとってなじみの深い生物です。ウナギと言えばヌメヌメとした黒い姿を思い浮かべますが、幼生の時は透明で平べったいということをご存じですか?

 海の底で撮れたウナギの幼生の泳ぐ姿がネットで話題を呼んでいます。めったに見られないレプトケファルス(Leptocephalus)の美しい姿をご覧ください。

 ウナギの幼生は全身が透明で発見しにくいため、大変貴重な映像です。

 ウナギの一生は、6段階に分けられます。異なる環境に適応するために、各段階で体型と体の色が大きく変化します。幼生(レプトケファルス)の時期を経て、変化しながら海から川へと移動します。川で成長してから、また海を目指して長距離を泳ぎ、産卵場所で産卵します。そして、卵から出てきた仔魚がレプトケファルスに成長し、また海から川へと回遊するのです。

 ちなみに、ウナギは海の産卵場所にたどり着いて産卵した後、死を迎えます。

(翻訳編集・豊山)