3日、銭江晩報は記事「ジャック・マー氏がケンタッキーフライドチキン中国の親会社に出資」を掲載した。かつて就職活動で門前払いされた会社に大株主として乗り込むジャック・マー氏、中国ネットユーザーは「すばらしい成功物語」と絶賛している。資料写真。

写真拡大

2016年9月3日、銭江晩報は記事「ジャック・マー氏がケンタッキーフライドチキン中国の親会社に出資」を掲載した。

ケンタッキーフライドチキン、ピザハットなどを擁する米ファーストフード大手ヤムブランズは中国事業を分割し、ヤムブランズ・チャイナとしてニューヨーク市場に上場させる。この中国事業に中国の投資会社・春華資本集団、アリババグループ傘下の[虫馬]蟻金融サービス集団が出資することが明らかになった。出資額は春華資本集団が4億1000万ドル(約426億円)、[虫馬]蟻金融サービス集団が5000万ドル(約52億円)。

一代で世界的IT企業を作り上げたアリババのジャック・マー氏だが、就職活動では30社以上に応募し、ことごとく落ちたという苦難のエピソードを持っている。門前払いした会社の一つがケンタッキーフライドチキン。25人が応募し24人が採用された。断られたのはジャック・マー氏だけだったという。それから30年、今度は大株主という身分でケンタッキーフライドチキンに乗り込むことになる。「見事借りを返した」「すばらしい成功物語だ」と中国ネットユーザーは絶賛している。(翻訳・編集/増田聡太郎)