量より質!賢い大人の女性が「お金をかけるべきアイテム」3つ

写真拡大

ユニクロやGU、H&Mといったファストファッションブランドと呼ばれる安価でトレンドアイテムが手に入るお店が数年で一気に増えました。毎日の通勤アイテムに取り入れている働き女子も多いのはないでしょうか。

息の短いトレンドものや、自宅の洗濯機でもゴシゴシ洗えるアイテムは、価格を気にせず購入できるので嬉しいですよね。しかし、20代以上の大人の女性が、全身ファストファッションに身を固め、チープな品質を身に纏っているのは相応ではありません。

お金をかけるところにはかけて、上手にミックスさせてこそ本物のオシャレ上手な女性!

そこで今回は、ファッションライターの筆者が、量より質重視で“お金をかけるべきファッションアイテム”3つをご紹介します。

■一生モノのシューズ

外出時に必ず身につけるモノ、そしてその人となりを表すと言われているのがシューズです。日本語でも「足元を見る」という言葉はもともと、江戸時代に旅客運搬の担い手だった商売人が、お客の足元を見て値段を決めていたことから、相手の身分を図る材料にしていたことが語源となっています。

欧米では男性はスーツではなく革靴にお金をかけるのが当たり前。それは年齢を重ねたり体型が変わっても足のサイズは変わらないことも理由の一つです。

「これだ!」と思う特別な一足に出会ったら、長くともに歩めるように、日頃のお手入れにもぬかりなく!

■第一印象を決めるアウター

見た目の広範囲を占めるアウターが、品質の悪い安価なモノだと第一印象を決定づけてしまいます。せっかく良いドレスを中に着ていたとしても、一度しかない第一印象はやり直しがききません。

定番のアウターといえば、トレンチコートやテーラードジャケット、チェスターコートなど。オフィススタイルにもプライベートにも使えて、普遍的な人気を誇っているので、良質素材でサイズがピッタリの一着を見つけたら、手に入れるべき。

■お守り代わりの一粒ダイヤ

女性にとってダイヤモンドは永遠の憧れ。美しく輝き続ける姿に、自分自身を重ね合わせて美意識が上がります。

小さくとも存在感のある一粒ダイヤのネックレスや指輪、ブレスレットなどを一つ身に着けるだけで、内側から自信がみなぎるような感覚さえ覚えます。オフィススタイルにも適した、派手過ぎないジュエリーなら、毎日お守り代わりに着けられますよ。

あなたの魅力を最大限に引き出してくれるダイヤモンドで、美しい大人の女性へと近づきましょう。

以上、量より質重視で“お金をかけるべきファッションアイテム”3つをご紹介しましたが、いかがでしたか?

どんなに流行の移り変わりが激しくとも、本来自分の好みというのはあまり変わらないもの。猛烈に心惹かれるアイテムに出会ったら、10年後20年後のことまで想像してじっくり悩みましょう。

良質アイテムとコスパの高い安価なアイテムを組み合わせて、やりくり上手な大人の女性を目指してくださいね!