日本人サンバダンサーとして本場リオでも活躍中の「工藤めぐみ」さんが所属しているFeijao Pretoを招き、オープニング・セレモニーを開催

写真拡大

日本選手の活躍に熱狂したリオオリンピック。リオパラリンピックの開幕ももうすぐの今、ブラジルに興味津々の人も多いのでは? そこでおすすめしたいのが、池袋で開催するブラジル「全部入り」イベント。新たなブラジルの熱狂で心もお腹も満たしてみてはいかが。

【写真を見る】「フェスタ ド ブラジル 2016」 サンシャインシティ各施設にて開催 入場無料

東京・池袋のサンシャインシティでは、「ブラジル」をテーマにしたイベント「Festa do Brasil(フェスタ ド ブラジル)2016」を9月16日から19日まで実施する。ブラジルと言えば、サンバ、サッカー、シュラスコ、そして記憶に新しいリオオリンピック。今回のフェスタは、そんなブラジルの魅力が詰まった、まさに「全部入り」イベントだ。

オープニング・セレモニーを飾るのは、日本人サンバダンサー・工藤めぐみさん所属のサンバチーム「Feijao Preto(フェジョン・プレット)」。本場リオ仕込みのパフォーマンスが楽しめる。また、サンシャインシティ・アルパ屋上で開催される「ブラジル 空のマルシェ」では、ブラジル版BBQシュラスコや煮込み料理フェイジョアーダをはじめ、ブラジルの定番料理が満喫できる。

さらに、サッカー関連のイベントも充実。フリースタイルフットボールチーム「球舞」のリフティングパフォーマンスや、FC東京の選手によるトークショー、FC東京コーチ陣によるサッカー教室も開催される。

とにかく中身の濃いイベントなので、大人も子どもも家族みんなで楽しめる。タイムスケジュールや会場は忘れずにチェックしよう。それぞれ入場料金は無料。

ちなみに展示ホールAでは、「リオデジャネイロオリンピック報道写真展」を開催し、リオで活躍したアスリートの写真約50点を展示。日本人選手の雄姿も見ることができる。ブラジル文化を満喫しながら、リオの感動をもう一度味わってみてはいかがだろう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】