ロンドンに続け──地下鉄の「深夜運行」を始めるための7つのヒント

写真拡大

8月下旬、ロンドンは実験的に、地下鉄の深夜運行を複数の路線で開始することを発表。市民にとって便利であることはもちろん、地域経済への貢献も期待できるという。ほかの都市で同様の深夜サーヴィスを行うために必要なこととは何か? 7つのヒントを紹介する。

「ロンドンに続け──地下鉄の「深夜運行」を始めるための7つのヒント」の写真・リンク付きの記事はこちら

8月下旬、ロンドンで興味深いことが起きた。市が、公共交通サーヴィスを(減らすのではなく)増やしたのだ。

市民の快適な暮らしを目的として実施されるロンドンの実験「Night Tube」が開始されることになった。2つの地下鉄が金曜日と土曜日に24時間営業を行うというものである。秋にはさらに2つの路線がこの実験に加わることになっている。市の交通サーヴィス責任者は、毎晩10万人の乗客が増え、地域経済に4億5,000万円寄与することになると予想している。

つまりバーが閉まったあとでも眠たい労働者が帰宅するために乗車したり、夜勤に出勤するために乗車することができるということだ。今年の春に週末の夜間サーヴィスを削減したボストンや同様の措置を検討してるワシントンDCを含め、あらゆる都市の住民たちがうらやましがることだろう。

ロンドン市民には夜間公共交通サーヴィスが提供されるのに、なぜほかの都市ではされないのか? 7つのハードルがある。

1. 資金を確保すること

どれだけ夜に活気のある都市であっても、夜間は乗客数が減少する。運賃を支払ってくれる乗客が少ないということは、それぞれの乗客のために税金から補助金を出さなければならないことを意味する。ボストン市当局は、現在中止されている夜間サーヴィスは1回の乗車あたり13.38ドルの補助金が必要だったと言う。通常のサーヴィスに必要な補助金は1.43ドルだ。

2. メンテナンスを行う時間をつくること

ペンキの剥がれや錆びなど、アメリカの主要な交通システムは急速に老朽化が進んでいる。それぞれの市は、運行を滞りなく維持するために夜間に運行を止めてメンテナンスをする必要があると言う。

理論上、夜間に運行を止めて喧騒のない時間をつくり出せば、作業員が集中して電車を整備することができる。しかし実際には、毎晩運行を4時間停止しても、作業員が作業できる時間はそれより少ない。地下鉄を24時間運行しているニューヨークでは、定期的に一部の路線を運休させて集中的に補修を行っている。

3. 公共交通の悪循環に陥らないこと

市が交通サーヴィスを削減すると、人々は寒い路上でバスを長い間待たなければならなくなり、バスに乗って運賃を支払ってくれる乗客が減り、市がサーヴィスをさらに削減する。

「人々が公共交通サーヴィスを利用するかどうかを考えるとき、その判断に影響する要素のひとつに待ち時間があります。これは乗車時間の長さよりも大きな要素なのです」とカリフォルニア大学ロサンゼルス校「Institute of Transportation Studies」ディレクターのブライアン・テイラーは言う。電車がいまより頻繁に駅に到着する、小規模かつ効率的なネットワークを構築できれば、乗車客が増加する可能性がある。

4. 社会的な問題への対策を考えておくこと

夜間サーヴィスを実施することは、ときに薬物、ホームレス、暴力といったさまざまな問題に対応する必要が出てくることを意味する(ニューヨークが最近実施した調査によると、地下鉄や駅の構内で2,000人近くのホームレスが寝ていることが判明した)。

そのため、ロンドンはNight Tubeの警備費用に450万ドルを追加し、週末には100名の警察官を配備する。これは夜間にサーヴィスを提供するかしないかを考える組織にとって不利益であり、大きな障害でもある。

5. 行政のメリットを考えること

「深夜サーヴィスを提供することは、自分たちがどのような市を目指すかを強く宣言するようなことです」。研究・支援組織、TransitCenterのシニアプログラムアナリストであるスティーブン・ヒガシデは言う。「しかしアメリカの市は、必ずしもその権限をもっているわけではありません」

ロンドン地下鉄を運営する組織は、市の道路、鉄道網、タクシーやサイクリングインフラを監督しているが、それは市からの資金提供で運営されている。一方、ボストンの交通サーヴィスを提供するMBTAの運営費の半分はマサチューセッツ州から出されているが、マサチューセッツ州はボストン市民が夜に羽目をはずすことができるようにするためにお金を支払うことに、それほど乗り気ではないかもしれない。

6. 乗客のニーズを把握すること

アメリカの多くの都市は、マンハッタンやワシントンDC、そしてロンドンほど人口密度が高くない。悪いことではないのだが、これによってピーク時間外にサーヴィスを提供することが困難になってしまう。

「公共交通機関は、大きく分けて2種類のターゲットを対象としています」とテイラーは述べる。朝に出勤して夜に帰宅する通勤者と、年齢や収入、障害のせいで自家用車を利用することが難しい人々である。人口密度が低い都市の通勤者は、交通機関を使っても自宅と職場を行き来することしかできないため、深夜サーヴィスを利用しない。市民が夜間サーヴィスを必要としていようが、利用する客がいなければサーヴィスを支えることができない。

7. クリエイティヴに考えること

だが、待ってほしい。いい加減なメンテナンスをしたり、運営費に途方もない金額をかけたり、州政府に訴えたりしなくても、24時間の交通サーヴィスを提供する方法があるかもしれない。

ある組織は、公共サーヴィスを補うために自動車のライドシェアサーヴィスを試している。ボストンのスタートアップBridjは、夜間の交通サーヴィスの廃止を補うために、自社のオンデマンド・バスを利用することを市に提案した。デンバー郊外のセンテニアルは最近、住民が住宅から最寄の公共交通機関まで無料で乗車することができるサーヴィスの6カ月間の実験的な試みに対して40万ドル支払った。いつか、夜間に電車を使いたい人でも、Lyftを利用して電車代と同額で直接自宅まで帰れるようになるかもしれない。(創造力さえあれば)Night Tubeの革命は続いていくのだ。

INFORMATION

『WIRED』日本版、最新号VOL.24は「NEW CITY 新しい都市」 特集!

8月9日(火)発売の最新号『WIRED』VOL.24は「新しい都市」特集。ライゾマティクス齋藤精一と歩く、史上最大の都市改造中のニューヨーク。noiz豊田啓介がレポートするチューリヒ建築とデジタルの最前衛。ヴァンクーヴァー、ニューヨーク、東京で見つけた不動産の新しいデザイン。未来の建築はいま、社会に何を問い、どんな答えを探していくのか。第2特集は「宇宙で暮らそう」。宇宙でちゃんと生きるために必要な13のこと、そして人類移住のカギを握るバイオテクノロジーの可能性を探る。漫画『テラフォーマーズ』原作者が選ぶ「テラフォーミング後の人類が生き残るための10冊」も紹介する。そのほか、NASAが支援する「シンギュラリティ大学」のカリキュラム、米ミシガン州フリントの水汚染公害を追ったルポルタージュ、小島秀夫+tofubeatsの「未来への提言」を掲載!

RELATED