新機能搭載でさらに剃り味が向上

写真拡大

日立コンシューマ・マーケティングは、電気シェーバー「ロータリージーソード」3モデルを2016年9月9日に発売する。

外刃で取り込んだヒゲを内刃が上から挟み込んで根元から鋭くカットする。上位モデル「RM-LX6D」は同社ロータリーシェーバー史上最大だという直径15ミリの「光ドラムレザー刃」を採用し、より広い面積で肌に密着、圧力を分散して肌にやさしく、短時間で剃り上げられる。

3モデル共通の新機能も。「トルクコントローラー」は、トルクの増加によりヒゲの切断抵抗を軽減し切れ味を向上したほか、回転数の減少により動作音を抑えた。「くせヒゲキャッチャー」は、外刃の縦スリットと同間隔で並んだ精密なコーム(櫛)がくせヒゲや長いヒゲを取り込みやすくし剃り残しを減らす。

LED光乾燥器が付属、ドラムレザー刃の直径15ミリ「RM-LX6D」のカラーはチタニウムシルバー。LED光乾燥器が付属、同10ミリ「RM-LX5D」はダークブルー。同10ミリ「RM-LX3」はダークレッド。

価格はいずれもオープン。