2日、サムスン電子は、新型スマートフォン「Galaxy Note7」の一部バッテリーの欠陥を確認し、韓国と米国を含む10カ国で250万台のリコールを決定した。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真はサムスンのロゴ。

写真拡大

2016年9月3日、韓国・聯合ニュースによると、サムスン電子は2日、新型スマートフォン「Galaxy Note7」の一部バッテリーの欠陥を確認し、韓国と米国を含む10カ国で250万台のリコールを決定した。リコールに伴う費用は1兆ウォン(約930億円)から1兆5000億ウォン(約1400億円)に達すると推定されている。

サムスン電子無線事業部のゴ・ドンジン事業部長は、Galaxy Note7の販売を中止し、購入時期にかかわらず全ての製品を新品に交換することを明らかにした。韓国と米国など10カ国で販売された製品は最大で150万台に達しており、業者の在庫まで含めると250万台を新品と交換するか返金に応じることになる。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「当然の処置」
「サムスンのリコールは世界規模だ」

「まず売ってみて、問題が起きたら対処するといった姿勢だな」

「ちゃんと検査もせずに販売に踏み切るからだ。責任者は誰だ」

「サムスンは大きな決断をしたように見えるけど、訴訟大国の米国で大きな訴訟問題が起きる前に対策を講じただけだ。韓国国内だけの問題なら、何の対策も打ってないと思う」

「回収したGalaxy Note7は修理して新品として生まれ変わるんだ」
「どうせ修理品を新品と言って渡すんだろう」

「サムスンは利益より顧客の信頼を選んだんだ」(翻訳・編集/三田)