笑える?考えさせられる?思わず見入ってしまう実験動画5選【まとめ】

写真拡大

体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。

ここでは、選りすぐりの実験動画を5つ紹介します。マネしようとは思えない、ある意味で衝撃的な内容も含めて集めてみました。

01.
100ドルよりも1杯の水。
過激な社会実験が伝える
炎天下の「車内」の恐怖!

アメリカで行われた「炎天下の車内で10分間耐えることができれば100ドル」というニセのチャレンジ企画。ルールは、ただひたすら10分間じっと耐えることができれば勝ち、という非常にシンプルなもの。ただしムリは禁物。初めは余裕な表情の挑戦者たちも、いざドアが閉められると……。

また、この過激な社会実験に込められたメッセージとは?

→詳しい記事はこちらから。

02.
アルコールと砂糖を
1ヶ月断った男性の
カラダに起こった変化とは?

健康維持のために控えるべきものの代表例といえば、アルコールと砂糖。では、その両方を1ヶ月間断つと、人間のカラダにはどんな変化が現れるのか?

体当たりでこの実験に挑んだオランダ人のSachaさん。1ヶ月の間、砂糖はもちろん人口甘味料も加工食品も、さらにはアルコールも一切口にしないことを友人に公言。極限まで自然に近いヘルシーな食生活を実践することにしました。

ところが、数日もしないうちに彼のカラダに異変が……。

→詳しい記事はこちらから。

03.
これは見ちゃう!
靴下を硫酸に浸してみたら…

あえて説明するまでもない、シンプルすぎる実験動画。結果は想像がつくとはいえ、思わず見入っちゃうのが人間の性です。

「LET’S MELT THIS」という名の、なんとも好奇心をくすぐられるYouTubeアカウントにて、炎でゴルフボールを溶かす、アセトンで発泡スチロールを溶かす、などの実験動画がまとまっていますよ。

→詳しい記事はこちらから。

04.
スプーン40杯分の砂糖を
60日間食べ続けると
体はどうなるのか

人間は、1日に平均でスプーン40杯もの砂糖を摂取すると言われています。「世の中にはヘルシーな食品があふれているのに、これはおかしい」と自らが被験者となり実験をしたのは監督デイモン・ガモー。

エンタメ要素満載でポップに描かれたこの実験を通して、心身に与える影響だけでなく、わたしたちの食生活に忍び寄る砂糖の危険性や、精糖業界を取り巻く問題が明らかに……。

→詳しい記事はこちらから。

05.
高級車ごとの揺れを
「おっぱい」で
比較してみたら…

最後は、こんなライトな実験動画を。様々な高級車の「揺れ」を比較したこの動画。その少し変わった計測方法に使うのは、なんと「おっぱい」。

イタリア車から日本車まで、超がつくほどの高級車5台。この動画は、男性たちからの注目(?)を集め、YouTubeでの再生回数は500万回オーバー。やっぱり気になりますもんね、高級車の揺れって。

→詳しい記事はこちらから。