【グルメ】駄菓子の「ビッグカツ」でカツ丼を作ってみた結果 → 激ウマ!

写真拡大

トンカツを卵と一緒に甘じょっぱく煮込んでご飯のうえに乗せる料理、カツ丼。豚肉の旨味も相まって、とっても美味しいごちそうのひとつですよね。

作るのはなかなか面倒



しかし、カツ丼はどことなくジャンクな雰囲気があるくせに、作るのにはかなり手間がかかってしまうのが難点。豚肉に衣をつけてカラリと揚げ、それをさらに煮込むのですから、普通の料理の2倍は手がかかると言っても過言ではないのではないでしょうか。

簡単に作りたい!



手っ取り早くカツ丼を作りたいなら、スーパーやお肉屋さんなどでお惣菜のトンカツを買ってくるという手があります。しかし、お惣菜のトンカツは日持ちしません。お惣菜のトンカツでは、カツ丼を食べたいと思った瞬間に作ることができないのです。

ビッグカツを使うと簡単激ウマ





ところが、衝撃のグルメレシピを発見しました。なんと、トンカツではなく駄菓子の『ビッグカツ』を使ってカツ丼を作ることができるというのです……!

確かに長期保存は可能だが……



ビッグカツとは、魚肉のすり身を薄いカツにした駄菓子で、1枚30円で販売されています。確かに食感は割と本物のカツっぽいし、数ヶ月は保存が可能。



ビッグカツで本当にカツ丼を作れるなら、ビッグカツを買い置きしておいて、食べたい時にサクッとカツ丼を作って食べられるようになるわけです。賞味期限が近くなったら普通に食べちゃってもいいわけですしね。

うーむ、これは実際に作って検証してみる必要がありそうだぞ……!

切ってみるがメッチャ固い





早速ビッグカツをまな板の上に乗せ、包丁でカットし始めますが……か、固えぇぇぇ〜っ!! かなり力を入れてノコギリのように前後させないとビッグカツを切れません。パッケージには『ソフトな口あたり』なんて書いてあるのに……。これ、本当にカツ丼なんて作れるのかよ!?

本格的に調理スタート!





ビッグカツをカットし終え、いよいよ本格的に調理スタート! まずは玉ねぎを軽く炒めたあとにめんつゆで味つけし、そこにビッグカツを投入! さらに水を少し加え、フタをして全体を蒸らします。



そして全体がしっとりしたら卵を投入!



おぉ……。おおおおぉぉっ……!! なんだかそれっぽくなってきたぞ……!!



これ、もしかしたらやっぱりウマいんじゃないの!?

さあ、いよいよご飯の上に盛り付けてビッグカツ丼の完成です!

これが『ビッグカツ丼』だ!!





これはスゴい……。写真で見るとカツの厚みがわかりにくいこともあり、ほとんど本物のカツ丼と違いがありません。ビジュアル的には人を十分騙せるレベルでしょう。



となると、問題は味のみ。特にビッグカツの固い食感が煮込むことでどこまで改善されているのかがポイントとなるでしょう。まあ、いろいろ気にしても仕方がないので食べてみましょうか!



マジでウマすぎて笑った



衝撃だ……衝撃的すぎる……。驚きのウマさとはこのことでしょう。冗談抜きでマジウマです。ビッグカツは箸で持つとしなる程に柔らかくなっていて、歯ごたえはありますが固さがストレスになるほどではありません。



そしてカツ丼の甘じょっぱい味つけと、ビッグカツのほんのりカレー風味が絶妙にマッチ! 「カツ丼とカレーって合うんだ!」と驚かされました。これは普段の食卓に並んでもまったく問題がないクオリティです!

カツ代60円でカツ丼が作れる



今回の『ビッグカツ丼』1人前で使用したビッグカツは2枚だけ。ビッグカツ代はわずか60円で済んでしまうので、お財布にも非常に優しいです。ウマいし、保存はきくし、文句の付け所がありません!

ご自宅にビッグカツを何枚か買い置きしておいて、困ったときは『ビッグカツ丼』! あらゆる面から非常にオススメできますので、興味のある方はぜひ試してみてください。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/