予算1万円のゴールドカード選び。出張が多い人なら『ビューゴールド』を!

1万円程度の年会費が必要になるゴールドカード。とはいえその年会費分のもとが取れるだけの補償や特典を提供している。昨年末から今年にかけ次々と新しいカードが登場している。たとえ年会費を支払ったとしても、乗り換えるべきお得なゴールドカードを一挙に紹介しよう。

■2016年はクレカをランクアップ!ゴールドカードに乗り換える3つの理由

(1)一般カードに比べて特典やサービスが優れている
真にカードライフを味わおうと思うなら、ゴールドカードから。具体的なサービスや特典があり、生活を豊かにしてくれる。

(2)プラチナカードの招待を受けることができる
さらに上級のプラチナカードを持つためには、ゴールドカードでの信用の積み重ねが大切。その過程として欠かせないカード。

(3)海外で利用する時にステータスを表現できる
クレジットカードは海外では、ステータスを表わす道具として最も重宝されている。ホテルのチェックインでも効果を発揮する。

◎魅力的なサービスや特典が付いたゴールドカード

 ゴールドカードの会員になると空港ラウンジが無料で利用できたり、旅行傷害保険が拡充されるなど、補償や特典が充実。メリットを総合的に考えると、年会費無料のものより、ゴールドカードのほうがお得なことが多い。そんなゴールドカードのことを「海外でもステータスを発揮でき、生活を豊かにしてくれるカード」だとカード評論家の岩田昭男さん。そこで標準的な1万円程度の年会費でおすすめを教えてもらった。

「ビジネスマン向けなら、JR東日本グループの『ビューゴールドプラスカード』がおすすめ。昨年末にJR東京駅構内にラウンジがオープンし、魅力が高まりました。リボ払いの手数料をリーズナブルに設定した『SBIゴールドカード』などもあり、ひと口にゴールドと言っても幅広いので、自分のライフスタイルに合ったものを見つけて下さい」

■Amazon MasterCardゴールド

Amazon MasterCardゴールド

[年会費]
1万800円、次年度以降5400円(「マイ・ペイすリボ」に登録し年に1回以上のカード利用で優遇あり)

[入会資格]
原則として満30歳以上で本人に安定継続収入がある人

[国際ブランド]
MasterCard

[旅行傷害保険]
海外 最高5000万円
国内 最高5000万円

[ショッピング保険]
年間最高300万円

[ココが魅力]
●2%のポイント還元に加えAmazonプライムが無料

通常1%、Amazonで利用すると2%還元。年会費3900円の「Amazonプライム」が無料になるので、お急ぎ便や日時指定便が何度でも無料。プライム・ビデオやPrime Musicなども無料で楽しめる。

Amazon MasterCardゴールド
映画やテレビ番組など、1万本以上の作品が見放題のサービス「プライム・ビデオ」も無料で利用できる。

■エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

[年会費]
5400円、年間利用金額50万円以上で翌年以降年会費永年無料

[入会資格]
20歳以上(学生除く)

[国際ブランド]
Visa

[旅行傷害保険]
海外 最高1000万円

[ショッピング保険]
なし

[ココが魅力]
●条件をクリアすれば年会費がずっと無料

年間50万円以上の利用で、翌年以降の年会費が無料! 利用金額に応じたボーナスポイントも魅力だ(年間50万円→2500ポイント、年間100万円→1万ポイント)。空港ラウンジも利用できる。

エポスゴールドカード
新宿マルイ本館(写真)ほか、マルイ全店舗とマルイ通販で年4回の特別期間中の買い物が10%オフ。

■MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

[年会費]
初年度無料、次年度以降2057円(登録型リボ「楽Pay」による半額の優遇あり)

[入会資格]
原則18歳以上で本人または配偶者に安定収入がある人(学生除く)

[国際ブランド]
AMEX

[旅行傷害保険]
海外 最高2000万円(2年目以降年間の利用金額20万円未満は最高100万円)
国内 最高2000万円

[ショッピング保険]
年間最高100万円(海外のみ。日本国内はリボ・分割払いのみ)

[ココが魅力]
●アメックスの魅力的な特典をお得に活用できるカード

2000円台の年会費で空港ラウンジ(国際線利用の場合)の利用が無料。一流ホテルやレストランなど、会員限定の優待特典が満載の「アメリカン・エキスプレス・コネクト」が利用できるところが魅力。

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
アンダーズ東京のメインダイニング「アンダーズ タヴァン」でも10%オフの優待が受けられる。

■dカード GOLD

dカード GOLD

[年会費]
1万800円

[入会資格]
満20歳以上で安定継続収入がある人(学生除く)

[国際ブランド]
Visa、MasterCard

[旅行傷害保険]
海外 最高1億円
国内 最高5000万円

[ショッピング保険]
年間最高300万円

[ココが魅力]
●ドコモのケータイ利用者なら10%のポイントがもらえる

通常1%、ドコモのケータイ料金なら10%のポイント還元率。最大10万円のケータイ補償も魅力。入会するだけでドコモの会員ステージ最上位に優待され、高級ホテルの宿泊券など、プレミアムなクーポンが毎月抽選で当たる。

dカード GOLD dカード GOLD
毎月のケータイ料金やドコモ光のネット料金などで、1000円につき100ポイント貯まる。どんどん貯まるのが魅力。

■タカシマヤカード《ゴールド》

タカシマヤカード《ゴールド》

[年会費]
1万800円

[入会資格]
27歳以上で安定収入があり、自宅と勤務先に電話連絡が可能な人

[国際ブランド]
Visa、MasterCard、JCB、AMEX

[旅行傷害保険]
海外 最高1億円
国内 最高5000万円

[ショッピング保険]
年間最高300万円

[ココが魅力]
●デパートカード最強のポイント最大10%が魅力

郄島屋での利用金額100円につき基本8%のポイントを付与。ゴールドカード会員で郄島屋での利用金額が年間合計100万円以上なら、翌年のポイント還元率が10%に。メンバーズサロンを利用できるのもうれしい(設置のない店舗あり)。

タカシマヤカード《ゴールド》
日本橋店(写真)や新宿店など、全国22店舗でポイント最大10%。上海や台北など、海外店舗でも割引がある。

■ビューゴールドプラスカード

ビューゴールドプラスカード

[年会費]
1万800円

[入会資格]
満20歳以上で安定収入のある電話連絡が可能な人

[国際ブランド]
JCB

[旅行傷害保険]
海外 最高5000万円
国内 最高5000万円

[ショッピング保険]
年間最高300万円

[ココが魅力]
●JR東日本エリアの新幹線などがお得に利用できる

JR東日本グループ初のゴールドカード。新幹線・特急グリーン車利用券などが選べる8コースの入会特典を用意。「ビューゴールドラウンジ」はラウンジ利用券や、当日東京駅発の新幹線グリーン券・特急グリーン券とカード提示で利用可。

ビューゴールドプラスカード
東京駅構内にできた「ビューゴールドラウンジ」。ソフトドリンクやお菓子をスタッフが席までサーブしてくれる。

■楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

[年会費]
1万800円

[入会資格]
原則として20歳以上で安定収入がある人

[国際ブランド]
Visa、MasterCard、JCB

[旅行傷害保険]
海外 最高5000万円
国内 最高5000万円

[ショッピング保険]
年間最高300万円

[ココが魅力]
●海外の空港ラウンジが無料、海外旅行や出張に便利!

世界400都市、850か所以上のラウンジが無料で利用できる「プライオリティパス」に無料で登録できる。新登場のポイントカード機能付きのこのカードなら、加盟店での提示と決済でダブルのポイントが貯まってお得!

楽天プレミアムカード
通常なら年会費399ドルが必要になる最上位ステージの「プライオリティパス」が、会員なら無料で利用できる。

【達人の選択】
カード選びには地域性や趣味、嗜好が影響します。魅力の特典も利用しないと意味がありません。電車での出張が多いなら『ビューゴールドプラスカード』、ドコモユーザーなら『dカード GOLD』、郄島屋をよく利用するなら『タカシマヤカード《ゴールド》』を検討してみるといいでしょう。


カード評論家 岩田昭男さん

クレジットカードと消費者金融などについて20年以上も研究。「岩田昭男のカード道場」でアニメなどのキャラクタークレカ図鑑をオープン。

文/編集部