グーグルが買収した「ネスト」のエンジニアの一部がグーグルへ移籍。IoTの再編に向けた動きと見られる

写真拡大

「エコー」で先行するアマゾンを追う

 グーグルが、本格的なIoTプラットフォームを整理するために動いている模様だ。

 これは、先だってアルファベット傘下のネストのエンジニアの一部が、同じくアルファベット傘下のグーグルへ移籍したことで明らかになったもの。これまでネストやグーグル内でバラバラに進んでいたIoTやスマートホームのための事業を一本化することも考えられる。

 ネストのエンジニアらが移籍した先は、グーグル・ホームのグループ。グーグル・ホームは、今夏グーグルが発表した家庭用デバイスで、音声入力によってインターネットから調べ物をしてもらったり、インターネットに接続された家庭内の機器の操作を委ねたりできる製品だ。

 同様の製品ではアマゾンが先行しており、同社のエコーは大人気製品となったばかりでなく、各社と連携しテレビ、電球、サーモスタット、ガレージのドアなど、さまざまな家庭内の機器と連動するようになっている。ソフトウェア面でも、オンラインのストリーミング音楽を聞くこともできる。

 年内の発売が予定されるグーグル・ホームの発売は、ちょっと大きめのマグほどのサイズで、機能はエコーに似たものになると思われる。グーグルもこのグーグル・ホームをハブにして、さまざまなデバイスを操作できるようにし、今後ハードウェア、ソフトウェア会社と提携を結ぶことが予想されるだろう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)