同性がうっとりするほどの美人を目指している女性もいるのではないでしょうか? ときに、異性からの賞賛よりも同性からの「キレイ!」のほうが嬉しかったりするものですから、女ゴコロって繊細です。

でも、同性が憧れる美人を目指していても方向性が間違っていたら大ショック。ならば、一見美人の条件っぽいのに、同性からはたいして憧れじゃない美的要素を知っておくのもベター。

そこで今回は、『美レンジャー』が500名の女性に行ったリサーチ結果をもとに、美人の条件っぽいのに同性がそれほど憧れないパーツを3つご紹介しましょう。

■ワースト3位:スーッと伸びた高い鼻

11個の選択肢を挙げ「同性から見て、最も羨ましいと思う“美人の特徴”は以下のうちどれですか?」と聞いてみると、4.2%しか選ばずに、下位から3番目だったパーツが二つ。その一つ目は「鼻が高い」でした。

スーッと伸びた美しい鼻は美人の条件に挙げられることが少なくないはずなのに、意外にも鼻が高い女性に憧れの感情を抱く同性は少数派なようです。

そもそも日本人は欧米人ほど鼻が高くない傾向にありますから、鼻ばかりが高くても「羨ましいほどの美人!」という称号は得にくいようですね。

■同率ワースト3位:ぽってり系のふっくら唇

また、同じく4.2%しか選ばずにワースト3位だった二つ目が「唇がふっくらしている」です。ふっくらリップは、その昔はアンジェリーナ・ジョリーさんが火付け役となり、現代ではモテ顔の代表格である石原さとみさんも有名です。

ですが、一般女子がふっくらした唇をしていても、同性からはあまり憧れのパーツになっていない実情がうかがえます……。もしかすると、同性には、過剰なおフェロでセクシーすぎるイメージを与えてしまうのかもしれません。

■ワースト2位:お人形のように長いまつ毛

そして、同調査で4.0%しか選ばず、下位から2番目だったのが「まつ毛が長い」でした。

まつ毛が長いと横顔美人の称号も得られるほど、フサフサと長ーいまつ毛は多くの女性の憧れのはず……。ところが、実態として“羨ましいと思うほどの美人”にマストな条件ではなかったのです……!

なんだか意外な結果ですが、同性がジャッジする“美人”の基準は、まつ毛以外のパーツが深く関わっているのがリアルなのですね。

■ワースト1位:大きなバスト

そして、同質問にたったの2.6%しか選択せず、最下位だった選択肢が「バストが大きい」です。

大きくて柔らかいマシュマロバストは男性からの視線のみならず、同性からも憧れのパーツなのかと思いきや……、現実にはそうでもなさそうですね。

ワースト3位の“ぽってり系のふっくら唇”同様に、フェロモンが出すぎでセクシーなイメージが強すぎてしまうのかもしれません。こちらも、意外な結果ですね。

同性からの美人ジャッジの基準にならないパーツは、男性から見れば“イイ女”認定されそうなものばかりが並んでいますが、いかがですか?

同性からの“美人認定”を総ナメにしたい女子は、こんなリアルを知っておくのもイイのではないでしょうか。

【関連記事】

劣化しない女「篠原涼子」も飲んでいた!魔法のドリンクの正体は…