最近元気が出ない、いいこともないし……。もし、そんな風に思っているのなら、あなたは損をしているかも?

しかし、普段の生活の中でちょっとしたことを意識するだけで、女性は“幸せ”を感じられるはず!

そこで今回、ある調査結果に基づき、女性が幸福を感じられる日常の小さなことを、3つご紹介していきます。

■1:スキンシップを多くしてみる

スキンシップと幸福は、深いつながりがあるようには感じないかもしれません。しかし、スキンシップを多くとっている女性は、自分が幸福だと感じている人の割合が高いのです。

株式会社ポーラが行った「幸福度を高めHappyに過ごす秘訣」に関する研究によると、最近「手をつないだ」「メイクやネイルをしてもらった」などスキンシップに関する項目を14点満点で採点し、スキンシップの得点と、自分が幸福だと感じている人の割合を調査。

その結果、スキンシップが0点の人で自分が幸福と思っている人は41.1%なのに対し、スキンシップが1〜6点は56.4%と上がり、スキンシップを多くしている7点以上では、71.4%にも上ることがわかりました。

今回の“スキンシップ”とは「子どもを抱っこした」や「握手をした」「マッサージを受けた」など、日常生活の中で起こりうることを対象と考えているため、男女間のものに限ってではありません。

この結果から、人と触れ合うことは人の温かみを感じ合ったり、自分の存在を認めてもらえることにつながっているのかもしれませんね。

■2:胸に谷間を作ってみる

また、トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社が行った「バストの谷間に関する意識調査」によると、胸に理想の谷間ができている人は、幸せを実感する割合が66.7%ととても高く、谷間ができていない人の場合は56.5%という結果に。理想の谷間ができている女性は、谷間ができていない女性より10ポイント以上幸福実感が高いことがわかりました。

さらに、理想の谷間ができると、「自分のことが好き」、「自分に自信が持てる」という女性の割合もグンッと高くなることが判明。

普段は谷間がなかったとしても、ブラジャーの力を借りて、「今日の私の胸、イケてる」と思えるものにできれば、一日をハッピーに過ごせそうですよね。

■3:ひとつのことを努力してみる

女性にとって“幸せ”を感じることは、自分に自信を持つこととほぼ等しいと言えるのではないでしょうか。

株式会社ウエディングパークが実施した「女性としての自信に関する実態調査」で明らかになったのは、女性は自分に自信をつけるために努力すると幸福を感じやすいということ。

調査では「自分に自信がある」と答えた女性の方に、「自信をつける努力をしている」かを聞いたところ、約8割が「はい」と回答。自信をつけるために努力をしていることが、自信につながっていることが分かりました。

美容に関することや、姿勢をよくしようと気を付けること、週に1回は気合を入れたファッションを選ぶなど、努力というのはどんな小さいことでも構いません。そんなちょっとしたプチ努力が、何気ない毎日に刺激やワクワク感をプラスしてくれるでしょう。

どれも難しいことではなく、今日から試せることばかりですよね。なんだか最近落ち込み気味……と感じたときは、これらを見直して自分自身でハッピーを呼び込んでみましょう!

【関連記事】

美人は「寝る前10分」を有効活用!疲れを取り去る健康キープ術