親子で食べてない!? 「がんリスク」を高める危険なおやつ3つ

写真拡大

体に悪そうなものほど美味しかったりしますよね。特に子供はそういったおやつが大好きです。

この夏休み、子供と一緒にそのようなおやつを頻繁に食べている親御さん、実は親子でがんのリスクを高めてしまっているかもしれません!

そこで今回は、『WooRis』の過去記事と海外情報サイト『Little Things』を参考に、“がんのリスクを高める危険なおやつ”を3つご紹介します。

 

■1:ポテトチップス

子どもの大好きなポテトチップスは、この時期ビールのつまみに最高ですよね。

しかし、ポテトチップスにはナトリウムが多く含まれるため、高血圧を招く原因になるうえ、防腐剤、人工香料、人工着色料も入っているため健康的ではないといえます。

しかも、一部の商品ではありますが、タバコにもみられる発がん性物質がみつかっているものもあるというのですから恐ろしいですよね。

もし、どうしてもポテトチップスが食べたいのであれば、オーガニックのジャガイモ、トランス脂肪酸のない安全な油、自然塩など、材料のシンプルなものを選ぶようにしましょう。

 

■2:清涼飲料水

コーラやソーダ、スポーツ飲料などの清涼飲料水には多量の砂糖が入っており、カロリーだけが高くて栄養価の全くないものばかりです。また、子どもにとっては虫歯の原因の最たるものでもあります。

たまにならいいと思っている人、実は週に2回ソーダを飲むだけで“すい臓がん”の発生率が2倍に増えるという研究結果もあるのです。

いずれにせよ、体にいい事なしのコーラを飲むよりは、ただの炭酸水やフレッシュジュースを飲む方が良さそうですね。

 

■3:レンジでチンするポップコーン

映画のお供ナンバーワンのポップコーン、映画を見るときでなくてもついつい手が伸びてしまいます。

そんな手軽にできる電子レンジでチンするポップコーンですが、その容器の内側に塗られた発がん性物質が加熱される事によりポップコーンにうつってしまい、肝臓、すい臓、精巣がんを誘発するとされているのです!

最近ではそういった外袋の改良を重ね、安全な電子レンジポップコーンという商品も出てきていますので、どうせ食べるならそちらを選ぶようにしましょう。

 

以上、“がんのリスクを高める危険なおやつ”3つをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか? どれもこれも、子どもの大好きなものばかりで困ってしまいそうですが、実は大人になってからもやめられないという人もいるのではないでしょうか。

これを機に、親子で健康になるためにこれらの危険なおやつを止めてみませんか? きっと今よりももっと健康になれると思いますよ。

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ その「おやつ」…絶対ヤメて!みるみる老化を加速させるNGおやつ3つ

※ タバコと同じ発がん物質が増加!ジャガイモは冷蔵庫に入れてはいけない理由

※ 色だけじゃなくて形も!がんを疑うべき「便の異常サイン」5つの症状

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ お鍋で作れる!? 夏バテ気味な身体にうれしい簡単「パエリア」

※ 1回でウエスト-7cm!? 「セルライト対策」とっておきの秘訣とは

※ 成功者続出!ホンモノの水素水を使ったエイジングケアって

 

【姉妹サイト】

※ なぜかイライラが止まらない…!「気分の凸凹」とサヨナラする方

 

【参考】

※ 16 Cancer-Causing Foods You Should Avoid! #15 Completely Shocked Me! - Little Things

 

【画像】

※ ruzanna / PIXTA(ピクスタ)