5日、韓国のガールズグループのメンバーが拒食症を患い活動休止に追い込まれた一件を受け、韓国・ヘラルド経済はこのほど、K−POP女性アイドルらがまるで「紙人形」のような極端にスリムな体形を強要されていると報じた。写真は韓流アイドルのステージ。

写真拡大

2016年9月5日、韓国のガールズグループ「OH MY GIRL」のメンバー・ジニが拒食症を患い活動休止に追い込まれた一件を受け、韓国・ヘラルド経済はこのほど、K−POP女性アイドルらがまるで「紙人形」のような極端にスリムな体形を強要されていると報じた。

記事によると、韓国の女性アイドルの理想的な体重は44〜48キロ。実力派歌手のIU(アイユー)は44キロ、グループ「少女時代」のメンバーは皆45キロ前後で、48キロのティファニーは過去、「メンバーの中で一番重いので、豚とからかわれた」とテレビで発言している。女性アイドルにとってダイエットは必須であり日常だ。少女時代の場合、1日の摂取カロリーはたった1200キロカロリーで、紙コップ1つに食事を入れた「コップごはん」で1日を過ごすグループもあるそうだ。さらに芸能事務所によっては、45キロ前後(身長163センチ以下では40キロ未満)でなければデビュー候補として扱わないところもあるという。

こうした過酷な体重管理により過剰なストレスを受け、ジニのように拒食症になる少女も少なくない。グループ「レディースコード」のメンバー・ソジョンは最近出演した番組で、「テレビに写る自分の姿を見てショックを受けてダイエットを始め、49キロから38キロに落としたが、1年近く生理がなくホルモン数値は更年期の女性レベルになった」と自らの壮絶なダイエットを告白した。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「体重が大事じゃないのにね」
「相対的な豚というだけ。街で会ったら食べ物に飢えた人に見えそうだ」
「実際より太って見えてしまうカメラを改良して、実物と同じように見えるものを開発する必要がある」
「歌手ならまず歌をちゃんと歌って」

「まるで虐待」
「みんな金をもうけるためでしょ」
「スジ(韓国の歌手。アイドルグループMiss Aのメンバー)は太ってた時にドラマにも出てたよ。スターは結局顔だね。スタイルはその後だ」

「スリムだからってかわいいわけじゃない」
「そんな食べ方してると骨粗しょう症になる」
「こういうアイドルになりたいとまねをする子どもたちが増えているのがとても心配」
「38キロはほとんど患者だろ。本当に痩せ過ぎて、見ててかわいそうになる子が多いよ」(翻訳・編集/吉金)