iPhoneで遠くをキレイに撮影したい!? だったら双眼鏡に取り付ければいい!

写真拡大

旅先やバードウォッチング中、スポーツ観戦時などで双眼鏡を使っているとき、この見えている景色を撮りたいなぁ、なんて考えたことはありませんか?

そんな願いを叶えてくれる双眼鏡、あるんです。その名もズバリ「iPhone6s/6s Plusでライブビュー撮影できる双眼鏡」(4999円)。これさえあれば、写真だけでなく動画だって簡単に撮影できちゃいます。

20160831_donya03

[関連記事]高いコントラストにシャープな描写!ライカは双眼鏡でもライカだ!

■iPhoneを取り付けなければ普通の双眼鏡としても使えます!

ポイントは、iPhone 6S(もしくは6S Plus)を双眼鏡の接眼レンズに取り付けられること。双眼鏡の倍率は8倍なので、遠く離れた場所もバッチリ見えます。iPhoneのカメラでズームにしていくと、当然ながら画像は粗くなっていきますが、これの場合、iPhoneのカメラが見ているものが既に8倍のものなので、粗くなることもありません。

20160831_donya05

そして通常は目で見ているものを、そのままiPhoneのカメラで見るので、ライブビューということになりますよね。

20160831_donya04

倍率が大きくなるとブレが心配ですが、重さのある双眼鏡を持つから、さほどブレはない点もうれしいところ。

取り付けは簡単。iPhone 6Sを付属のケース(6S Plus用もあります)に装着し、双眼鏡には接眼レンズにアタッチメントを装着。あとはこれらを合体させるだけでOK。

20160831_donya06

コンデジで撮影する時のように、双眼鏡を顔から離してiPhoneの画面を通して遠くを見る形になります。これが不思議な感覚ですが、おもしろい。

もちろん、iPhoneを装着しない時は普通の双眼鏡としても使えます。ショルダーストラップ付きの専用ケース付きなので、持ち運びも楽々。秋の行楽シーズンは、iPhoneで遠くを撮影してみませんか。

20160831_donya07

 

「iPhone6s/6s Plusでライブビュー撮影できる双眼鏡」>> https://www.donya.jp/item/74122.html

 

 

[関連記事]
夏の夜空をスマホで撮る!望遠鏡に取り付けよう

アウトドアでも街中でも、サッと取り出す単眼鏡がスマート

スマホで天体観測!自分で作れるDIY望遠鏡がバージョンアップ

(文/&GP編集部)