▽JリーグYBCルヴァンカップの準々決勝第2戦のアビスパ福岡vs FC東京が4日にレベルファイブスタジアムで行われ、0-2で勝利したFC東京が準決勝に進出した。

▽先月31日にFC東京ホームで行われた試合は1-1で引き分けて終了。福岡がアドバンテージをもった中で第2戦を迎えた。立ち上がりはFC東京が積極性を見せたが、25分に福岡が相手を脅かす。右CKに正面で合わせた濱田のヘディングシュートがネットを揺らすも、ここはオフェンスファウルを取られてノーゴールの判定となる。

▽すると、試合を動かしたのはFC東京だった。30分、正面で梶山からボールを受けた田邉がコントロールシュート。これがゴール右上隅に見事に決まり、FC東京が試合の均衡を破った。

▽迎えた後半、同点弾を狙いにいく福岡は55分にビッグチャンス。左サイドで仕掛けた金森からの横パスを受けた為田がゴール前で絶好機を得る。しかし、フリーの為田が放ったシュートは枠を捉えることができず、このチャンスを生かせない。

▽すると、75分にゴールを挙げたのはFC東京だった。右サイドで得たFKで東がクロスを入れると、ファーに流れたボールを高橋がヘッド。これが決まり、FC東京が大きな2つ目のアウェイゴールを手にした。

▽その後、勝ち上がるためには3点が必要となった福岡はリスクを冒して攻めるも、最後までFC東京のゴールを割ることができず、試合終了。2戦合計1-3でFC東京が準決勝に進出した。FC東京は、10月5日と9日に行われる準決勝で浦和と対戦する。