宇宙からの「強い信号」はエイリアンのものではない、と科学者たちが考える理由

写真拡大

8月下旬、ロシアの電波望遠鏡が「HD164595方向からの強い信号」を観測したと発表され、もしかしたら宇宙人が発するものかもしれないとメディアを賑わせた。だが実は、この信号が地球外生命体のものだと結論付ける根拠はほとんどないと多くの科学者は考えている。5つの理由を説明する。

「宇宙からの「強い信号」はエイリアンのものではない、と科学者たちが考える理由」の写真・リンク付きの記事はこちら

8月末、「HD164595方向からの強い信号」(日本語版記事)を観測したという発表が多くのヘッドラインを飾った。HD164595は太陽に似た星で、94光年彼方にある。その方向に向けられたロシア・ゼレンチュクスカヤのRATAN-600電波望遠鏡で、天文学者は背景雑音の約4.5倍強い電波の大放射を検知した。もしかしたら宇宙人かもしれない、と彼らはほのめかした。調査するべきだと。

彼らのプレゼンスライドは天文学者の間で広まった。ウェブサイト『Centauri Dreams』のポール・グリスターは、「ひとつの興味深いSETI(地球外知的生命体探査)候補」だと書いた──もしかしたらそれが地球圏外の文明から来たかもしれないという意味だ。それが、メディアの嵐を引き起こした。

しかし、天文学者はその「SETI候補」信号について、それが電波だということ以上にはほとんどわかっていない。人類はこの信号が何であるかを考えるためにしばらく時間を費やすべきだということは間違いない。だがその一方で、現時点でこの信号が人類以外の生命体が発していると結論付ける根拠はほとんどない。なぜかを説明しよう。

1. それが「星から来た」かはわからない

ヴェテランの天文学者でありSETI研究所の研究部長セス・ショスタクは、望遠鏡を使って空の細かなポイントを見ることはできないと言う。どのような望遠鏡にも「視野」というものがあるのだと。

RATANの視野は円形ではない。これは東西方向に伸びた範囲をとらえ、今回の場合であればそれはHD164595を中心としていた。しかし南北方向にも(電波は)「非常に伸びている」と、ショスタクは研究所のウェブサイトに書いている。そして謎の電波の源は、その伸びている範囲のどこでもありうるのだ。望遠鏡の「視野」とは、ある特定の形をしたピクセルにすぎないのである。

われわれは通常、ピクセルというものを、どこかに焦点の合った小さな点だと考えがちだ。しかし本来ピクセルとは、ある特定の領域の光の総量を表したものだ。「HD164595方向」から来たという電波は、その星の実際の位置の少し北かもしれないし、南から来た可能性もある。科学者はその違いを見分けられない。

2. それが「狭帯域信号」かどうかはわからない

歴史的に、SETI計画は周波数の狭帯域信号を探査してきた。科学者たちは、例えばわれわれがラジオの放送で行っているように、信号を圧縮するには技術が必要だと思っているからだ(自然界の最も狭い電波信号は約300Hzの広がりがあるという)。

つまり圧縮された信号は、「誰かが意図的につくったもの」と考えられる。従ってSETIの科学者は空から電波を集め、それを複数の周波数に分割し、ひとつ、あるいは少数の帯域に強いスパイクがあるか否かを調べる。SETI研究所のアレン・テレスコープ・アレイは信号をヘルツ幅の塊に分割し、それはギガヘルツ幅のRATAN-600のデータよりも十億倍細かい。

だが望遠鏡は1ギガヘルツ分の周波数をひとまとめにする。元の信号は狭帯域だったのか? 広帯域なのか? このデータだけではわからない。

3. それが「人間が生んだ干渉」かどうかはわからない

天文学者は信号が圧縮されているか拡散しているかがわからない一方で、望遠鏡が最も検知しやすい中心周波数は知っている。約11ギガヘルツだ。

電波望遠鏡は宇宙からの魅力的な電波をとらえる。しかし、電波望遠鏡は地球から、あるいは地球軌道からのあまり魅力的ではない電波も同時にとらえる。空港レーダー、Wi-Fi、携帯電話。そして電気で動くものは基本的に電波を発する。

だが研究者チームは、今回の信号が人間活動から生まれたものでないというデータを示していない。実際、11ギガヘルツは「静止衛星」に割り当てられている電波周波数帯域に当てはまるのだ。

「わたしたちは毎日、いつも行ったり来たりしている信号を見ています」とSETI研究所のディレクター、ジェリー・ハープは言う。「わたしたちなら、この信号にはそれほど期待しないでしょう。数ある大多数の信号のひとつであり、大抵は地域的な干渉によるものですから」

4. それが「偶然の出来事」かどうかはわからない

ロシア科学アカデミー特別天体物理観測所のニコライ・バーストフが指揮するチームは、この星を39回スキャンした。そして彼らがこの信号に気付いたのは1回だけだ。SETI研究所のアレン・テレスコープ・アレイでは、自動検知システムが候補の信号を5回連続、各2回づつテストを行う。それらに加えて1回か2回、最初と最後にもテストを行うとハープは言う。

つまりこの怪しい信号は、(SETIの基準で考えれば)全部で12回のテストに合格しなくてはならない。だがHD164595の信号は1/39に合格しただけだ。「わたしたちの基準なら無視していい結果です」とハープは言う。

今回の発表後にSETI研究所も観測を始めているが、まだ可能性のある周波数の全ギガヘルツを探査していないとはいえ、これまでに信号が再検知されたことはない。

5. ほかの望遠鏡に伝えるのが遅すぎた

このSETI候補信号は1年以上前、2015年5月に飛来した。だが研究者たちはいままで何も言わなかった。もしそれが宇宙人だったなら、「注目してくれ! 素晴らしい発見だ!」という発表を翌月の6月には出していたかもしれない。

SETIの世界では、人類の歴史上最も意味のある発見をしたかもしれないというとき、興奮した天文学者が最初に行うべきことのひとつはほかの望遠鏡に同じエリアを見るように頼むことだ。地球上のさまざまな位置の天文台で観測を行うことで、ある特定の地域で起きる干渉を排除することができる。またそれぞれの望遠鏡がもっているかもしれない問題も排除する。

研究者が1年以上も誰にも言わずに、こうした標準的な検査・確認を不可能にしたという事実は、もしかしたら彼らもそれが宇宙人のものだとは思っていなかったのかもしれない。

宇宙人について話す前に

わたしは地球外生命体の存在が見つかることを期待している。それはわたしたちが見る宇宙の光景を、わたしたち自身の存在を、そしてその2つの意味を根本から変えるだろう。

もしそれが起きたら、わたしは泣きながら記事を書き、巨大なパーティを開き、発見した研究者たちを招待するだろう。しかし、この候補信号が宇宙人のものだといえる根拠はほとんどなにもない。宇宙から来た電波で、もしそれが何光年も彼方から来ていたらかなり強力だ、ということ以外は。

衛星やほかの干渉の可能性を排除しよう。雑音を建てる地球上の物をリストから消そう。もう一度電波をとらえる努力しよう。それが技術的につくられたものなのか、それとも天文学的なものなのかを調べよう。宇宙人の可能性について話すのはそれからだ。

RELATED