夫婦でお互い様!私が知る“ダブル不倫”夫婦の顛末

写真拡大

年明け早々から「不倫」が話題になり、半年が過ぎて「ダブル不倫」がバリエーションに追加された2016年。まだまだ騒動は収まりそうにありません。一般的に「ダブル不倫」というと、既婚者同士が恋愛関係になることを指しますが、夫婦それぞれがお互い不倫愛に走っている、別の意味での“ダブル不倫”カップルも少なくないよう。

そんな彼らの行く末はどうなってしまうのか、周囲で見聞きした、もしくは実体験したママたちに聞いてみました。
ダブル不倫で「離婚」
ダブル不倫の行く末で最も多かったのは、やはりというか「離婚」です。

­

・「旦那さんが大手製薬会社の部長で、何不自由なく暮らしていたママ友は、旦那さんが部下の女の子と不倫をした腹いせに奥さんも若いホストに入れあげる事態に。結局大金を使い果たし、そのタイミングでホストには捨てられ、泥沼調停を行った末、離婚でした」

­

・「そもそも結婚したのが、お互いが付き合っている人を振って、という激情型恋愛の末、結ばれたカップル。しばらくうまくやってたけれど、そのうち、ナンパされるがままに遊ぶ妻と浮気DV旦那に変身。最後は殴り合いの喧嘩をして別れるというやっぱり激しい結末でした」

­

・「上司は夫婦で遊び好き。夫はしょっちゅう浮気してるし、奥さんもバイト先の人と遅くまで飲みに行ったり貴金属をプレゼントされたり。“お互い様”なお似合いカップルだと思っていたら奥さんに本当に好きな人ができたとかで先月離婚していた。やっぱりダブル不倫はうまくいかないですね」

­

・「40代の友人。夫は大手スーパーで働き、妻は専業主婦。夫は会社の同僚と浮気し、それがしつこすぎてセクハラで訴えられ転勤となりました。その後に妻は子供の同級生の父親と浮気したんですが、夫は自分のことは棚に上げ大激怒、妻に手をあげたり妻の浮気相手を呼び出したり大騒ぎをしたそうです。そしてほどなく夫婦は離婚。誰も幸せにならない結末でした」

­

どのエピソードも、離婚に至るまでのもめ方が壮絶なのが特徴。ダブル不倫は泥沼もダブルに?
ダブル不倫で「WINWIN」
意外や意外、ダブル不倫で「うまくいってます」というカップルも。

­

・「教員のダンナは同僚と浮気して、専業主婦の奥さんは元カレと浮気しているが、お互いに干渉してません。よくわからないけどうまくいってる夫婦なのかも」

­

・「『ハッピーフライデー』と称して、お互いに金曜日の夜はフリーで遊びに行き、束縛しないとしている夫婦があります。夫婦でもめる、といってもHの趣向でもめるとかというレベル。その夫婦は今も一緒なので、相性がいいんだろうと思います」

­

・「私の知り合い夫婦は、夜になるとお互い出かけて行って浮気相手に会いに行くらしい。お互いに納得の上、だそうで、普段は仲のいい夫婦のふりをしています。私には理解できません」

­

・「一見仲の良い二人。お互いに前から付き合いのある方との関係が壊せずダラダラと付き合っているようです。わかっていながらもどちらも別れられないようですが、見ているこちらは不愉快ですね」

­

・「友人の妹のお互い医者同士の高学歴・高収入夫婦の話。結婚後すぐに女癖の悪さを露呈した夫に、数年は耐えていた妻でしたが、ある時堪忍袋が切れ、開き直って都内高級ホテルのバーに男をひっかけに行ったのを手始めに、その後は後腐れのないセフレを数人キープし続けている状態との事。今では夫も公認だとか。お金持ちって理解できない」

­

・「自分の知り合いの話ですが、お互い30歳になるまでは、男女関係の遊びをしていいというルールで結婚した夫婦がいます。そのルール、私にはさっぱりわかりませんが、去年めでたく30歳をむかえたその夫婦は、今も仲良く一軒家に住んでいます」