コレはおすすめ!伊東美咲がご飯の精米を「7分づき」にする理由とは?

写真拡大

 美しさは口にするものから作られます。きっと多くの人はそのことを実感しているのではないでしょうか。そこで今、美容に興味のあるあなたが知っておきたいのが、ご飯の精米の度合いについて。

 きっと、お米を買うときは何気なく白米を選んでいる人が多いことでしょう。でも美女は、ここでもこだわりを発揮するのです。たとえば女優の伊東美咲さんは、お米の中でも「7分づき」を活用して、栄養価にこだわっています。

 米には、まったく精米しない「玄米」や、「3分づき」「5分づき」「7分づき」があります。それぞれの数字は、ぬか層と胚芽をどれくらい取り除いたかという度合いを表します。3分づきは玄米に近く、5分づき、7分づきと数字が上がるにつれて白米に近づき食べやすくなります。そんななか、伊東美咲さんの食べている7分づきは、初めて「分づき米」を食べる人にとっても、調度よいかもしれません。

 分づき米にはぬかと胚芽が残っているため、白米よりもビタミンとミネラルが豊富。ただ、ちょっと食べにくさがあり、噛むのが大変なところも。とはいえ、よく噛むことはダイエットにもつながりますし、食後血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる作用もあるんです。

 伊東美咲さんの美しさは、分づき米が秘訣なのかもしれませんね。玄米がちょっと苦手なあなたも、「7分づき」からはじめてみませんか?