犬と生活する資格を得る

この記事をお読みになろうとされている方は、たぶん相当な愛犬家ではないかと思われます。

「何故あなたは犬と暮らそうと思ったのですか?」

それには理由があるはずです。

お子様が犬を欲しがっているから?
一人暮らしで寂しいから?
犬に芸を教えて自分が楽しみたいから?
庭付きの一戸建てに引っ越して、広い庭が何だか寂しいから?

そうではありませんよね。
犬が大好きだからですよね。

最初は理屈抜きでそう思ったのではありませんか?
しかし、それだけでは犬と生活は出来ません。
『一つの尊い命を預かり最期まで面倒をみる』と言う強い信念を持たなくてはなりません。
そして『家族として共に暮らすと』と言う意識を強固にするのです。
ここで初めて犬と生活する資格を得る事ができますし、この精神がないと犬と暮らす資格はないと思っています。

我が家には『犬を飼う』と言う言葉はありません。
そんな言葉は使いたくないからです。
自分の子供を飼っているなどとは言わないでしょう。
それと同じ考えです。

何時も私は『愛犬と暮らしています』と答えています。
この記事をお読みになっていらっしゃる方なら、この考えを理解して戴けていると信じています。

十数年先の事を考える

犬と生活をするのなら、今のことだけじゃなく、十数年先の事も考えなくてなりません。
幼いお子様がいらっしゃるのならその養育費や子供との生活、親と同居しているのなら発生するかも知れない介護費用や介護に必要な人手など、もし賃貸のマンションやアパートに引っ越すのなら一緒に住める物件を探して下さい。
一つの命を引き受けるのと言う事は、そんなに簡単な事ではありません。
それくらい考えないと愛犬を最期までお世話できなくなる可能性があります。
そして愛犬が病気になっても、老犬になって身体が動かなくなっても、最期までお世話して上げて下さい。

家族と愛犬の間に一線など必要ない

プロの訓練士やドッグトレーナーは、『上下関係を保つために食事は人間が先』、『一緒に寝てはいけない』などと言っていますが、あれは間違いだと思います。
山犬だった時代は、群れの中でリーダーと一緒に食事をし一緒に寝ています。
ですからそれは当てはまらないのではないでしょうか?

良いではありませんか。

愛犬を先に食べさせようと家族と一緒に食べても上下関係は崩れません。
要は我がままにならない様にしっかり躾ければ良いのです。
人間の幼児を育てる様に躾けるのです。
叱るべき時は叱り、言う事を聞いたら褒める。
これで良いのではありませんか?

愛犬を家族の一員だと思うのなら、その間に『一線など必要ない』のです。

 
犬は賢い動物です。
精一杯の愛情を込めて育ててやれば、間違いなく主人の気持ちを分かってくれます。
一に愛情、二に愛情です。
ただし甘やかすのは絶対にNGです。
あまり上下関係に拘り過ぎて過剰な躾をしてしまうと、上手く行かない場合もあるのではないでしょうか?
『飴と鞭』を上手に使い分ければ問題犬にはなりません。

私も含め完璧な躾など素人には無理です。
ですから自分達や他人に迷惑がかからない程度の躾が出来れば、それで良いと思うのです。
完璧さを求めず形に捉われない、そして犬の習性を利用した躾こそが、主人と愛犬との信頼関係を深めるのだと私は思っています。

(※続きは次のページで)

何があっても見捨てるな

ここまで読み進めて下さった方なら、きっと私と気持ちは一緒だと思います。
何があっても、どんな事情があろうとも決して愛犬を見捨ててはいけません。
子供の命を大事にするように犬の命も大事にしてください。
そして保健所に頼んで【殺処分】など絶対にさせてはいけません。
本当に犬が好きなら、そんな事は絶対に出来ないはずです。

殺処分は二酸化炭素による窒息死です。
意識は直ぐには失わず、苦しんで苦しみぬいて死ぬのですよ。

自分の子供をそんな目に合わせたくないでしょう。
例え処分されずにいても、製薬会社や大学病院または化粧品会社などに引き取られ動物実験の材料として使われる事もあるのです。
そうなったら死ぬより辛い地獄が待っています。
そうなる前にもう一度考えましょう。

『なぜ犬と暮らしているのか?』と・・・

もし万が一、万が一ですよ。
どうしても愛犬と生活できなくなったら、死に物狂いで里親さんを探して下さい。
地域の愛護団体や役所の担当課に相談すると、相談に乗ってくれます。
すぐに里親さんが見つかる場合もあるそうです。

最後に

恥ずかしい話しですが、私は愛犬と出会う前までは殺処分を知らない人間でした。
犬の育て方を勉強している最中に殺処分の事を知りました。
もう少し早くその事を知っていれば、今の愛犬との生活は無かったかも知れません。
一時は保護犬の里親も考えた事はありますが、事情により今の愛犬としか生活できません。
何だかとても後ろめたい気がします。

愛犬との散歩中、初めて会ったワンちゃんの飼い主さんから『何と言う犬種ですか?』と良く聞かれます。
その際、相手のワンちゃんの犬種が分かっていれば自分の愛犬の犬種を答えますが、分からない場合は、あえて『mixです』と答えています。
どうしてかと言いますと、相手のワンちゃんがひょっとしたら保護犬かも知れないと思っているからです。
純血種と答えるのが相手に対して申し訳ない気がするのです。
別に悪い事をしている訳ではないのですが、何か自分が血統で判断する軽い人間だと思われそうなのでその様に答えてしまいます。
あと何年愛犬と生活できるか分かりませんが、この子が年老いて逝ってしまったら保護犬を迎えようかと思っています。

この記事には見たくない画像や厳しい表現、または偏った文面をあえて掲載させて戴きました。
何故かと言いますと【殺処分撲滅】を訴えたかったからなのです。
もし私の愛犬が何らかの理由により離れ離れになって殺処分となってしまったら、おそらく私は発狂して廃人と化すでしょう。

ペット先進国の中には『殺処分ゼロ』と言う国はあります。
遅れている我が国は殺処分ゼロなど夢のまた夢です。
それは日本のペット業界、そして私達のモラルに問題があるからです。

そして日本の法律にも問題があると思います。
と言うのは、命ある動物を一つの【物】として扱っているからです。
死んだら廃棄物扱いとなってしまうのですから。
ペット業界と私達のモラル、更には日本の法律も一緒に見直しが必要だと思います。

一日も早く殺処分が無くなる事を心から願っています。