安徽省蕪湖市在住の欧陽宇潔さんは、その卓越した頭脳と記憶力で、複数の国際大会でメダルを獲得しているだけでなく、世界的な脳力に関するジュニア記録を連続してぬりかえている。

写真拡大

安徽省蕪湖市在住の欧陽宇潔(12)さんは、その卓越した頭脳と記憶力で、複数の国際大会でメダルを獲得しているだけでなく、世界的な脳力に関するジュニア記録を連続してぬりかえている。大江晩報が伝えた。

8月13日、彼女は2016年香港国際記憶力大会に参加し、全10種目で金メダル2個、銀メダル5個、銅メダル2個を獲得した。同時に、「抽象図形」種目では、15分間で268個の抽象図形を記憶し、ジュニア世界新記録を樹立した。

欧陽さんが世界新記録をぬりかえたのは、今回が初めてではない。今年6月、マレーシアで開催された記憶力大会では、One Hour Cards(1時間でできるだけ多くのトランプの並びを記憶する)とOne Hour Number(1時間で数字を記憶する)の世界記録をぬりかえた。

欧陽さんのトレーニングと試合種目の一つに、「Speed Cards(トランプ一組の並びをできるだけ速く記憶)」というものがある。彼女は、机の上に2組に並べられたうち1組のカードの山を手に取り、切ってからカードをめくり、1度目を通した後、机の上に伏せて目を閉じ記憶する。約30秒後、欧陽さんはもう片方のカードの山を広げて、記憶した通りの順番で素早くカードを並べていく。2つのカードの山の並びを比較したところすべて一致し、ミスはなかった。(提供/人民網日本語版・編集TK)