いまさら聞けない!「化粧水」とは何なのか?ただの水とどう違う?

写真拡大

毎日の洗顔の後につける化粧水は、乾燥しがちな肌に水分を与え、保湿するために欠かせないアイテムです。しかし、「化粧水」といってもさまざまな種類があり、何をどのように選べば良いのか迷ってしまいます。そこで本記事では、化粧水の定義や効果、種類について調べていきたいと思います。

■ 化粧水を付ける意味とは

化粧水とは、肌を保湿することによって乾燥からガードし、キメを整える役割を持つスキンケア製品のこと。水にセラミドやヒアルロン酸などの潤い成分をプラスしたり、ニキビを予防するビタミンCなどの成分を加えて、整肌作用をプラスしています。肌が乾燥すると、古い皮膚と新しい皮膚とを入れ替える「ターンオーバー」が正常に行われなくなってしまいます。しかし、ここで化粧水で潤いを与えることで肌が柔らかい状態となり、ターンオーバーがスムーズになります。

■ 化粧水の種類

化粧水といってもいくつかの種類があり、使い方や目的なども異なります。一般的な化粧水は肌に水分を与え、カサつきを予防したり、美容成分や保湿成分を塗って肌をなめらかにする働きがありますが、それ以外にはどのような役割があるのでしょうか?

◎ 化粧水

いわゆる一般的な化粧水です。洗顔の後、乳液の前に塗るのが基本的な使い方になります。

◎ プレ化粧水(導入化粧水)

プレ化粧水や導入化粧水は、化粧水を付ける前に塗ることで肌のコンディションを整え、化粧水の浸透率をアップさせるためのもの。前もって肌を柔らかい状態に整えるので、化粧水の効果がさらに現れやすくなります。「ミスト」と呼ばれる化粧水も、プレ化粧水の中に含まれる場合があります。プレ化粧水は化粧水とは異なり、化粧水代わりに使っても保湿効果はあまり期待できません。あくまでも化粧水を浸透させるためのスキンケア製品と考えてください。

◎ ふき取り化粧水

洗顔の後(化粧水の前)に、肌表面に付いた汚れや角質をふき取るためのスキンケア製品です。皮脂量が多い場合や、角質が厚くなり肌がゴワゴワとしてくると、洗顔だけではキレイに汚れを落としきることができません。洗顔後にひと手間をかけてふき取りを行うことで、余分な老廃物を落とし、化粧水がさらに浸透しやすくなります。

◎ 収れん化粧水

肌に引き締め作用を与える成分が含まれている化粧水です。毛穴の開きを抑えてくれるので、毛穴が目立つ方や、毛穴の黒ずみが気になる方にオススメです。

■ 肌タイプに合ったスキンケアを

化粧水は肌に水分や潤いを与えるものですが、肌が乾燥してきたタイミングでこまめに塗りなおすのがポイントです。一度にたくさん付けたからといって、長時間保湿効果が持続するというわけではありません。乾燥が酷い方は乳液やクリームと併用して、エイジングが気になる方は美容液と組み合わせるなどして、自分の肌タイプに合ったスキンケアを行いましょう。

(image by amanaimages)
(著&編集:LiRu編集部)