8月31日午後、「フェイスキニ」を発明した張式范さんが、自らデザインを手がけた第6世代新型顔面ビキニを発表した。

写真拡大

8月31日午後、顔面ビキニ「フェイスキニ」を発明した張式范さんが、自らデザインを手がけた第6世代新型フェイスキニを発表した。青島新聞網が伝えた。

【その他の写真】

世界の十大絶滅危惧動物をテーマとしたこのフェイスキニを身に着けたモデルたちが海水浴場にお目見えすると、多くの観光客や市民が注目した。

張式范さんは、「私は2004年に初代フェイスキニをデザインし、発表した。フェイスキニが多くの国内メディアで報道されるにつれて、多くの海外メディアからも注目されるようになった。これによって知名度が一気にはね上がった」と話した。

さらに、張さんは、「フェイスキニは、今や青島海岸の最新トレンドのシンボルとなった。地方から青島を訪れる多くの観光客がフェイスキニに関心を抱き、最新ファッションに注目している」と続けた。(提供/人民網日本語版・編集KM)