残業ある?女性は男性よりも「長時間労働」で病気になるリスクが高いと判明

写真拡大

育児が落ち着き、いよいよ本格的に社会復帰をしようと考えている主婦の方も少なくないと思いますが、その場合、週に何日・何時間など、どのくらいのペースで働こうと思っていますか?

米オハイオ州立大学の調査によると、女性の長時間労働は男性と違い、がんや心臓病のリスクを高めてしまうことが分かりました。

そこで今回は同大学の研究をもとに、”女性が注意したい長時間労働のボーダーライン”をまとめたいと思います。

 

■働きすぎな女性は、がん発症リスクが3倍に…

フルタイムでの社会復帰となると、1日8時間で週に5日間働くことになり、1週間の労働時間は40時間になります。ただ、職場によっては残業をお願いされたり休日出勤を命じられたりする場合もあるので、40時間を超える労働の可能性も視野に入れなければなりません。

米オハイオ州立大学の研究によると、女性が週に40時間以上仕事をすると、がんや心臓病のリスクが出始めることが分かりました。さらに週に50時間を超えるとその悪影響はさらに高まり、60時間に達すれば糖尿病、がん、心臓病、関節炎の発症リスクが3倍にまで高まってしまうのだとか……。

しかもこの傾向は男性には見られなかったと言います。男性はむしろ、週に41時間から50時間で適度に仕事をすると、あまり働いていない人と比べて、心臓病や肺がん、うつ病などのリスクが“下がった”と確認されています。

 

■女性の病気リスクが上がるのは、週50時間以上の労働

この研究は、1957年から1964年に生まれたアメリカ人12,000人以上を対象とした調査、「1979年版・青年の全国縦断的調査」をベースに行われています。そのうち1998年の段階で40歳以上の被験者をピックアップし、男女別、過去32年間に渡って各人の労働時間と病気との関係性を調べたそうです。

その結果、女性で週40時間以上労働をしている人から病気のリスクが上昇し、50時間以上の長時間労働をしている人に関しては、明らかにがんや心臓病リスクが高まったのだとか……。

 

■女性に与えられた役割、”家事”が原因に

ではなぜ女性だけ、長時間労働が病気のリスク上昇に影響を与えたのか? その理由として研究者は、女性の家庭内での役割を挙げています。男性の家事や育児への参加が進んできたとはいえ、まだ不十分な家庭も少なくないと思います。

一方で女性は、長時間働いても家事や育児から逃れることはできません。そのストレスや苦労ががんや心臓病などを招くと考えられるそうです。

「子どもの学費を用意しなくちゃ」「住宅ローンを繰り上げ返済して夫の定年前に払いきらなくちゃ」などと、家庭事情によって妻がフルタイムで働かなければいけない場合もあるはず。しかし頑張りすぎは禁物。どうしてもバリバリ働かなければいけない事情があるのなら、家事や育児の役割分担をご主人とあらためて話し合ってみてください。

 

以上、女性の長時間労働ががんや心臓病のリスクを3倍高めるという話をしましたが、いかがでしたか?

ご主人の健康だけではなく、ママの健康だって家庭の生活バランスを支える大事な柱。妻の側にばかり負担が偏らないようにくれぐれも注意したいですね。

(ライター 坂本正敬)

 

【関連記事】

※ 隣の奥さんに聞きづらい「働く主婦の平均時給」一番高い職種は何?

※ 寿命が縮む……「睡眠時間が5時間以下」の人を襲う恐ろしい健康被害4つ

※ アレッ…プチ鬱かも?「ビタミンDが欠乏」の危険サイン4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ お鍋で作れる!? 夏バテ気味な身体にうれしい簡単「パエリア」

※ 1回でウエスト-7cm!? 「セルライト対策」とっておきの秘訣とは

※ 成功者続出!ホンモノの水素水を使ったエイジングケアって

 

【姉妹サイト】

※ その不調「冷え性のせい」かも…?簡単ツボ押しで冷えを撃退

 

【参考】

※ Women’s long work hours linked to alarming increases in cancer, heart disease - The Ohio State university

 

【画像】

※ KY / PIXTA(ピクスタ)