アンドレアス・ペレイラがユナイテッド新旧監督を語る 「LVGは僕に言ったことを実現させられなかった」

写真拡大

▽U-23ブラジル代表歴を持つMFアンドレアス・ペレイラが、ルイス・ファン・ハール氏とジョゼ・モウリーニョ監督のマンチェスター・ユナイテッド新旧監督について語った。イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。

▽ユナイテッドの有望株として高い評価を受けるアンドレアス・ペレイラは今夏、出場機会を求めて、シーズンローンでグラナダに移籍。昨シーズン途中に解任されたファン・ハール氏と、今シーズンから指揮を執るモウリーニョ監督について、以下のように言及した。

「(昨シーズンは)残念だったよ。もっとプレーしたかった。選手なら誰だって出場機会を望むだろうし、プレーできなくて落胆したよ。僕は(ファン・ハール)監督を信頼していたよ。けれど、期待していたほど(プレータイムを)もらえなかった。それも人生だし、そのような経験から学んでいきたい」

「今は違うよ。モウリーニョ監督はとても誠実に話をしてくれた。それこそ僕が求めていたものなんだ。彼(ファン・ハール)もそうだったんだろうけど、シーズン中は色々なことが起こるからね。彼が悪い監督だったとは言えないし、良い監督だったと思う。けれど、彼は僕に言ったことを実現させられなかった」