シスヤのシステムトレードとか

写真拡大

近頃、AIという言葉をやたらと目にするようになった。「人工知能」を意味する英語の略称だが、企業経営の判断にも活用される日が近く、資産運用の世界でも人智をはるかに超えた手腕を発揮することが期待されているという。果たして、本当にAIによる運用は万能なのか? 徹底検証してみたい

◆個人システムトレーダーはAI運用をどう捉える?

 個人投資家に焦点を絞り、彼らがAI運用をどう捉えているのか探ってみたい。まずは、昨年は約2750万円、一昨年は約4000万円の利益をシステムトレードで稼いだシスヤ氏。ITバブル直前の’98年から株式投資を始めたものの、当初は増えたり減ったりで、すっかり遠ざかっていた時期もあった。シストレに注目し始めたのは’06年頃だという。

「過去の結果から損益率を算出し、今後も相場が同じ動きとなることを期待して売買する手法の存在を知りました。気になってあれこれ調べたら無料の検証ソフトを見つけ、BNFさんの逆張りの売買行動を入力してバックテストを行ったら、ピタリと期待値通りのトレードになっていて衝撃を受けました」

 BNFとは、100億円以上の資産を稼ぎ出した伝説のスゴ腕個人トレーダーだ。以来、シスヤ氏はシストレにハマり、コンスタントに利益を稼げるようになっていった。相場と向き合う時間も、極端に短くなったとか。

「ザラ場の動きや経済ニュースなどを見るのは、ルールを破りたい自分の深層心理を正当化する材料探し。見ないように努めています」(シスヤ氏)

 そんなシスヤ氏は、AI運用については、特に関心がないという。

「自分が考えたルールに沿ってバックテストを行い、現状で最適解と思われる経験則を見出す点は、シストレもAI運用と同じ。経験(主に大きな損失)から自己学習を行い、改善を施す点も然りです。囲碁や将棋と違って盤面以外からの情報量も多く、簡単に人間が勝てなくなるとも思えません」(シスヤ氏)

 ただし、将来的にAI技術が洗練されれば、「保有期間がごく短く手数で勝負する手法を執る生身の投資家ほどAIとの戦いで苦労するかも?」とも、シスヤ氏は指摘する。

 一方、ほぼ同じ頃に株を始めて期待通りの成果が出なかった大内崇氏は、転職がシストレを始める契機となった。

「転職先を探していたら、友人がシストレソフトを開発していたのを知り、合流。入社して業務の傍らで自分でも実践したら、目に見えて成績が安定してきました」(大内氏)

 こうして’09年にシストレに開眼し、’13年以降はアベノミクス相場で躍進。宮城県に一軒家の別荘を購入して半隠居生活ができるレベルまで利益を積み上げ、「もはや自分の裁量でトレードできない体になった(笑)」(大内氏)とか。AIについてはトレードに必要な情報をベストなタイミングで提供するアシスタント的役割なら期待できるとか。

「AIが運用を代行する場合、なかなか人間には使いこなせない気がします。一時的にせよAIが判断したトレードで損失を被り、その次に悪手としか思えない指示が出ると、怖くてとても言われた通りに対処できません。不具合が生じる可能性も踏まえれば、理解できない物にお金を預けるには想像以上に心理的壁が厚い」(大内氏)

 市販のシステムをベースとしている前述の2人に対し、完全に自前のプログラムを組んでいるのがゆうたろう氏だ。ロバート キヨサキの『金持ち父さん、貧乏父さん』を読み、学生時代からFXにチャレンジ。就職活動などで中断したが、社会人になって3年目から株式市場に矛先を変えて投資を再開した。為替市場は夜間も値動きがあり、本業にさしつかえるからだ。

「当初は、より多くの情報を集めないと勝てないと考えていました。しかし、なかなか利益を上げられず、不要と判断した情報を排除していきました。そして、約1年後には1つのパターンに絞ってトレードするようになり、それが最初のシステムとなった。気づいたら、自然とシストレをやっていたわけです」(ゆうたろう氏)