球団オリジナル醸造ビールも飲める!写真左から「BAYSTARS ALE(ベイスターズ・エール)」「BAYSTARS LAGER(ベイスターズ・ラガー)」(各700円)

写真拡大

横浜 DeNA ベイスターズは、スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」における主催試合中継が8月23日より開始したことを受け、9月6日(火)から8日(木)まで、「横浜 DeNA ベイスターズ バーチャルスタジアム powered by DAZN at MARK IS みなとみらい」をMARK IS みなとみらいにて開催する。

【写真を見る】オリジナルから揚げ「ベイカラ」は、「パルメジャーノチーズ味」と「さっぱり梅風味」(各550円)を用意

今回のイベントでは、期間中18時より試合開始となる横浜 DeNA ベイスターズ対東京ヤクルトスワローズの試合を、約20台のタブレットと大型モニターで観戦できる。もちろん料金は無料!ライブストリーミング中継の魅力を、誰でも気軽に体験できる。

試合開催時間以外には、過去の試合映像(8月23日以降の主催試合)の見逃し配信や、同イベントでしか見ることができない、A.ラミレス監督と筒香嘉智選手の特別インタビュー映像も配信。

さらに、通常は横浜スタジアムでのみ提供している球団オリジナル醸造ビール(700円)や、球団オリジナルから揚げ「ベイカラ」(550円)を会場で販売する。MARK IS みなとみらいで、横浜スタジアムの雰囲気を満喫しよう!【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】