今の50代に大きな影響を与えた イラスト/トモリタクヤ

写真拡大

 企業で要職に就く者も多い50歳前後の世代と、今の若者の間には価値観や感覚に埋めがたい溝がある。前者は「バブル入社組」と呼ばれることもある。自身もその世代であるコラムニストの石原壮一郎氏は、バブル期に放送されたトレンディドラマが彼らに大きな影響を与えたという。

 * * *
 人間、若いころの「刷り込み」から逃れるのは容易ではありません。30年ほど前の「バブル時代」は、今の50代前後の人格形成に多大な影響を与えています。

 いわゆる「バブル組」への風当たりは、昨今、ますます強くなってきました。気が付けばどうにもならない状態になっているという意味を込めて、「ゆでガエル世代」なんて悲しい言われ方もしています。

 ああ、なんでこうなったのか。たしかに、若い世代との感覚の違いを覚えることは、ままあります。20代で貯金に精を出したり、将来のイメージがチンケだったり、恋愛に興味が薄かったり、いざデートするにしても安居酒屋で平気だし、しかも割り勘……。

 いい若いモンが、そんなことでいいのか! 何が楽しいのか! なんて言ったら、また「バブル組はこれだから」と呆れられてしまうんでしょうね。

 今の50代をこんな風にしたのは、たぶん、いや間違いなく一連のトレンディドラマです。W浅野の『抱きしめたい!』(1988年)や中山美穂の『君の瞳に恋してる!』(1989年)、鈴木保奈美の『東京ラブストーリー』(1991年)などなど、どのドラマもオシャレな男女が、華やかな生活を送りつつ、狭い人間関係の中で惚れたはれたを繰り返す物語でした。ドラマを熱心に見ていなくても、世の中の空気を通じて、間接的な影響は受けているはず。

 今、あらためて『抱きしめたい!』を見ると、肩パットや太眉といった細部には違和感を覚えるものの、丁々発止を繰り広げるW浅野はたしかにまぶしく輝いています。ふたりに振り回される岩城滉一や石田純一にも、共感や憧れを覚えずにはいられません。

 浅野温子が演じる29歳のフリースタイリストが住んでいるのは、家賃25万円で屋上にジャグジーがあるコンドミニアム風のマンション。彼女にプロポーズする石田純一は、オシャレ雑誌の副編集長でベンツを乗り回し、世田谷に実家があって高級マンションも持っているという設定です。

 輸入家具の販売をしている岩城滉一も含めて、この人たち、ぜんぜん真面目に働いていません。そのくせリッチな生活をしていて、周囲にはイイ女がいっぱい。老後や年金の心配どころか、仕事が先細る可能性なんてまったく頭になく、今の楽しさが永遠に続くと思っています。ま、世の中全体がそう思っていましたが。

 素直で柔軟な若いころに、そういうドラマで「人生、楽しんだもの勝ち」「仕事も恋愛も将来も、まあどうにかなる」という“教え”を叩きこまれたら、世の中がどう変わろうと、そう生きていくしかないじゃありませんか。子どものころから「未来は暗い」と刷り込まれてきた今の若者にとっては、理解できない生き方かもしれませんけど。

 女性とふたりで飲んでいると、半ば義務感にかられて、石田純一気取りでキザなセリフで口説きだすヤツもいます。部下に具体的な指示を与えたり的確なフォローをしたりするのは苦手なくせに、「大丈夫だからがんばれ」と根拠もなしに激励するだけのヤツもいます。でも、いいじゃないですか。悲観的に物事を考えたところで、未来がいい方向に進むわけじゃありません。

 50代がトレンディドラマで培った行動様式は、白眼視されることも多々あります。しかし、日本全体が辛気臭い表情になっている今、きっと一服の清涼剤や貴重な突破口になれるはず。いつかわかってもらえる日が、いつか役に立てる日がくると信じて、これからもこの調子でがんばりましょう。って、こういう臆面のなさが、「だからバブル世代は……」と眉をひそめられる所以なんでしょうか。

【PROFILE】いしはら・そういちろう●1963年三重県生まれ。『大人養成講座』(扶桑社)『大人力検定』(文藝春秋)など、日本の大人シーンを牽引している。近著に『大人の言葉の選び方』(日本文芸社)。また郷土を応援する「伊勢うどん大使」「松阪市ブランド大使」を務める。

※SAPIO2016年10月号