東京駅〜新函館北斗駅が最短4時間2分で結ばれる北海道新幹線。開業半年を経て、乗車してわかった北海道新幹線活用のポイントを改めて紹介する。

◎本数も少ないので事前に時間をチェック

 北海道新幹線の開業は北海道にとって悲願であった。青森〜函館間は、昭和63年3月まで主役だった青函連絡船で4時間、青函トンネルの開通後でも特急「スーパー白鳥」で約2時間かかっていた。これが新幹線では新青森駅〜新函館北斗駅がわずか1時間1分となり、本州からのアクセスが飛躍的に向上する。

 今回開業する全149km区間のうち、青函トンネル(54km)を含む82kmの区間では、フル規格の新幹線では初めてとなる貨物列車(在来線)と同じ線路を走る。そのため、この区間では時速140kmに減速して運転される(その他の区間では最高時速260km)。

 気になるのが運転本数。東京駅〜新函館北斗駅間は1日10往復のみで、運転間隔が最大2時間空いてしまう時間帯もある。「はやぶさ」号は、普通指定席8両、グリーン車1両、グランクラス1両の合計10両編成で定員は731名。全車指定席で満席時には立席特急券が発売されるが、乗車時間を考えると現実的ではなく、繁忙期には早めに予約しておくのが得策だ。

【新車両H5系はココが違う!】

(1)JR北海道のH5系は北海道の花をイメージした紫のラインが特徴

JR北海道のH5系は北海道の花をイメージした紫のラインが特徴

(2)北海道らしさを車内で実感

北海道らしさを車内で実感
普通車の床は、北海道らしく雪の結晶のデザイン施されており、北海道へ向かう新幹線ということを実感できる。

(3)日よけにもプチサプライズ

日よけにもプチサプライズ
日よけのブラインドには、縄文土器の文様やアイヌ文様をヒントに得た柄が施されている。使ってわかるプチサプライズ。

(4)普通車全席にシート電源を装備

普通車全席にシート電源を装備
H5系に当たれば普通車にも全席シート電源がある。窓側は座席左下、窓側以外はテーブルの下付近だ。E5系では一部車両を除き窓側と最前列のみ。

〈CHECK〉オススメはA席!

オススメはA席!
北海道新幹線での景色を楽しむなら3人掛けの「A席」がオススメ。北海道に入ってから函館山などを車内から一望できるメリットがある。

【どこを走っている?】

【どこを走っている?】

新函館北斗駅〜函館駅間の在来線に新車両投入

新函館北斗駅〜函館駅間の在来線に新車両投入
函館駅へは、新函館北斗駅から「はこだてライナー」で最短15分。新幹線の到着・出発に合わせて運転される。

【函館市内へ行くには?】

案内に従い在来線のホームへ。新幹線の割引切符は新函館北斗駅までなので、函館駅へは乗車券(360円)が別途必要。
案内に従い在来線のホームへ。新幹線の割引切符は新函館北斗駅までなので、函館駅へは乗車券(360円)が別途必要。

2階の乗換改札に加えて、新幹線11番線ホームであれば、階段を使わずに同じフロアにある乗換改札が使える。
2階の乗換改札に加えて、新幹線11番線ホームであれば、階段を使わずに同じフロアにある乗換改札が使える。

【停車駅 & 所要時間は?】

【停車駅 & 所要時間は?】

●時刻表をチェック! 最速の列車を選ぼう

東京から大宮・仙台・盛岡・新青森の4駅しか停まらない最速の「はやぶさ」号だと、最速4時間2分で新函館北斗に到着するが、停車駅の多いタイプだと4時間半かかる場合も。時間があれば、新青森や仙台で途中下車して、北海道と東北を一度の旅行で楽しむこともオススメだ。

【最安で乗る方法は?】

【最安で乗る方法は?】

安く利用するには、ネット利用が不可欠。おサイフケータイ対応携帯・スマホなら迷わず「スーパーモバイルSuica特急券」を使おう。前日購入で最安値の1万5460円。ただし、1名しか利用できないなどの制約がある。一方、「えきねっとトクだ値」(JR東日本)や「北海道ネットきっぷ」(JR北海道)は、主要クレジットカードがあれば簡単に登録できる。複数人利用も可能。

●青春18きっぷが使える!

春・夏・冬に発売される普通列車乗り放題の「青春18きっぷ」では今まで新幹線は利用できなかった。しかし、今回初めて1回2300円の「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を購入することで、奥津軽いまべつ駅〜木古内駅間のみ新幹線に乗れることになった。

文/編集部