このほど、中国無形文化遺産伝承者の呉小莉さんが、G20杭州サミット開催前に、G20に参加する各国首脳をアニメ風にかたどった粘土人形の作品「世界平和の夢」を完成させた。

写真拡大

このほど、中国無形文化遺産伝承者の呉小莉さんが、G20杭州サミット開催前に、G20に参加する各国首脳をアニメ風にかたどった粘土人形の作品「世界平和の夢」を完成させた。呉さんはこれらの粘土人形を各国首脳にプレゼントしたいと考えているという。人民日報が伝えた。

【その他の写真】

同作品では、各国首脳は主催国・中国の国花である牡丹を左手に持ち、その傍らにはそれぞれの国の国花が添えられ、友好を象徴し、イノベーションを表している。右肩には平和を意味するハトがとまり、足の下には世界地図が広がっている。

これらは世界平和を象徴し、各国は運命共同体、利益共同体として、世界経済の繁栄のためにともに努力しなければならない。そのための包容と連動性を表現したという。そして、G20サミットのテーマである「革新的で、活力ある、連動した、包摂的な世界経済の構築」を脈々と受け継いでいくという意味が込められている。(提供/人民網日本語版・編集YK)