▽2日、第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会の2回戦が行われた。J1の年間順位で首位に立つ川崎フロンターレと、ブラウブリッツ秋田(秋田県代表)の一戦は、3-1で川崎Fが勝利し3回戦進出を果たした。

▽この2回戦から登場の川崎Fと、ヴァンラーレ八戸(青森県代表)を退けて勝ち上がってきた秋田が対峙した。その試合は立ち上がりからボールの主導権を握った川崎がボールを動かしながら秋田を押し込む展開となる。

▽しかし、川崎Fが攻めあぐねていると、秋田は28分に自陣ハーフウェイライン付近でのボール奪取からカウンターを発動。素早くボールを縦に繋ぎ、バイタルエリア中央から前山が右足を振り抜く。鋭い弾道でカーブするボールがゴール左に吸い込まれた。

▽その後もリズムに乗れない川崎Fは1点ビハインドのまま後半に突入。その後半途中から3バックに布陣を変更したことで徐々に持ち直すと、67分に武岡の縦パスを受けた車屋が左サイドからゴール前にボールを送り、最後はエドゥアルドが左足で枠の左隅に沈めた。

▽完全な崩しの形から同点に追いついた川崎は77分、エースの大久保がバイタルエリアやや左寄りの位置でボールを受けると、迷いなく右足を一閃。これがゴール左下に突き刺さり、ついに川崎Fが逆転に成功する。

▽続く82分にも車屋の折り返しから田坂がネットを揺らした川崎Fは、最後まで相手をいなし続け、そのまま3-1で勝利。秋田を退けた川崎Fは、3回戦でJ2所属のジェフユナイテッド千葉と対戦する。

▽その他の19時キックオフのJ1勢では、湘南ベルマーレが6-0で山梨学院大学オリオンズ(山梨県代表)、サガン鳥栖がFC琉球に3-1でそれぞれ勝利。一方で、ベガルタ仙台はJ3のグルージャ森岡に2-5で大敗した。

▽また、J2勢対決となった3試合では、清水エスパルスが水戸ホーリーホックに3-0、東京ヴェルディがロアッソ熊本に5-1、セレッソ大阪は延長戦の末に京都サンガF.C.を2-1で退けている。

◆天皇杯2回戦

▽9/3(土)

《13:00》

北海道コンサドーレ札幌 1-2 ファジアーノ岡山

《15:00》

ヴァンフォーレ甲府 0-0[6 PK 7] 大分トリニータ(大分県代表)

カマタマーレ讃岐 0-2 愛媛FC

《16:00》

アルビレックス新潟 5-3[延長] 関西学院大学(全日本大学サッカー選手権大会優勝チーム)

松本山雅FC 1-2 Honda FC(静岡県代表)

《18:00》

ジュビロ磐田 2-0 神奈川大学(神奈川県代表)

徳島ヴォルティス 2-0 ギラヴァンツ北九州

名古屋グランパス 0-1 AC長野パルセイロ

モンテディオ山形 5-0 ザスパクサツ群馬

柏レイソル 5-2 奈良クラブ(奈良県代表)

ジェフユナイテッド千葉 2-0 ツエーゲン金沢

《18:30》

V・ファーレン長崎 1-2[延長] 横浜FC

鹿島アントラーズ 3-0 カターレ富山(富山県代表)

《19:00》

湘南ベルマーレ 6-0 山梨学院大学オリオンズ(山梨県代表)

清水エスパルス 3-0 水戸ホーリーホック

ロアッソ熊本 1-5 東京ヴェルディ

ベガルタ仙台 2-5 グルージャ森岡(岩手県代表)

川崎フロンターレ 3-1 ブラウブリッツ秋田(秋田県代表)

サガン鳥栖 3-1 FC琉球(沖縄県代表)

セレッソ大阪 2-1[延長] 京都サンガF.C.

▽9/7(水)

《19:00》

大宮アルディージャ vs ガイナーレ鳥取(鳥取県代表)

ヴィッセル神戸 vs 鈴鹿アンリミテッドFC(三重県代表)

横浜F・マリノス vs 福島ユナイテッドFC(福島県代表)

アビスパ福岡 vs レノファ山口