覆面ブロガーの告白、そして「オルタナ右翼」とは何なのか

写真拡大

米大統領選でのドナルド・トランプの言説にはじまり、「もうひとつの右派」“Alt-right”(オルタナ右翼)の動きが注目を集めている。しかし『New Yorker』の論説を頼るなら、彼らに「本当に訴えたいこと」は存在していないと考えるのが正しいかもしれない。

「覆面ブロガーの告白、そして「オルタナ右翼」とは何なのか」の写真・リンク付きの記事はこちら

コリン・ローキー。32歳、男。彼が、自分があるブログの匿名筆者の1人だったことを『Bloomberg』に告白した記事が公開されたのは、4月29日のことだった。

『Zero Hedge』というタイトルのそのブログは、ウォールストリートに根強くあるとする腐敗を訴えるものとして知られていた。

ブログでの投稿はすべて、タイラー・ダーデンというペンネームで書かれている。ブラッド・ピットが映画『ファイトクラブ』で演じたニヒリストの労働者の役名にちなんだ名前だ。ローキーによると、ダーデンの名で記事を書いていたのは実際は3人の男だったという。2人の裕福なファイナンシャルアナリスト、ダニエル・アイヴァンジスキーとティム・バックズホール、そしてローキーだ。東テネシー州立大学でMBAを取得したばかりのローキーは、2人にとっては「下っ端」だった。

ローキーによると、彼は1日に15本もの記事を書いたという。それらのほとんどは政治寄りの内容だった。

仮面の向こうにあるのは、革命などではない

そこで書かれる文章にはある「公式」があったと彼は言う。「ロシア=善良な国」「オバマ=大バカ者」「バッシャール・アル・アサド=慈悲深いリーダー」「ジョン・ケリー=バカ」「ウラジーミル・プーチン=史上最も偉大なリーダー」という公式だ。

ローキーは度重なるプロパガンダにうんざりしていた。告白の前月、彼は自分がパニック障害になりかけていると感じ、病院で検査を受けた。彼には、ポピュリズムは不誠実なものに思えた。

「手の届かない夢のような生活を送っている2人の男が、さもあなたの意見を代弁しているかのように振る舞っている」と、ローキーは語っている。Bloombergのヘッドラインには「仮面を剥ぐ」と謳われているが、タイラー・ダーデンのマスクを剥げば、そこにいるのは2人の成功した銀行家で、彼らがポピュリズムを強弁している。さらにマスクを剥ぐと、そこには2人のふりをしたローキーがいる。「これは革命なんかじゃない。ただのジョークだよ」とも、彼は語った。

トランプ陣営のキャンペーンについては、当初から、そこはポピュリストの革命論者たちが出まかせを言っている場だという目が向けられている。大統領になるというトランプの野心は痛々しいほど明らかだが、彼にポピュリストの気質があるかというと、疑うべきかもしれない。国境の壁や移民に対する宗教テストなど、トランプ自身がほんとうにそれを望んでいるかは不確かで、トランプのチーフアドヴァイザーの1人、ポール・マナフォートは、トランプは予備選で「役を演じている」だけだと言った。確かにトランプのポピュリズムのどこまでが演技でどこまでが本当なのか、区別がつかなくなっている。

オルタナ右翼とは、何か

同じことがオルタナ右翼、“Alt-Right”についても言える。オルタナ右翼とは、ざっくり言うと「極右のムーヴメント」で、多くはインターネット上に存在し、その方向性はトランプキャンペーンや『Zero Hedge』と等しい。

「オルタナ右翼」という言葉を考え出したとされる白人ナショナリストのリチャード・スペンサーは、2015年12月、このムーヴメントは「ヨーロッパのアイデンティティーまつわるイデオロギー」だと表現している。しかし、オルタナ右翼はそれ以上のものとなっているようだ。白人ナショナリストや新反動主義、あるいは「#GamerGate」といった、ネット右翼のなかでも最も人目にさらしたくない部分の寄せ集めと化している。15年末には『BuzzFeed』が、トランプキャンペーンのおかげで盛り上がったこのムーヴメントが「大成功している」と宣言したが、以来、保守主流派からは不安の声が続いている。

『ニューヨーク・タイムズ』のコラムニスト、ロス・ドウザットは、オルタナ右翼のあからさまな人種差別主義と伝統的な反動主義とをはっきりと区別した記事を書き、『National Review』誌は、このムーヴメントの特徴である「人種差別主義と倫理の腐敗」を強く非難した。『Commentary』誌は、オルタナ右翼が力をつけてきているとし、「次代の保守暗黒世代」への警戒を呼びかけた。

関連記事連載「ザ・大統領戦」第13回・本選キックオフを前に深まる混沌

ネットの匿名性の向こうで

オルタナ右翼をイデオロギーとして真剣に受け止めるべきかというと、それは難しい。スペンサーがこのムーヴメントを名付けたとき、彼は『Taki’s Magazine』の編集長だった。同誌の創刊者であり、名前の由来でもあるタキ・テオドラコプロスは、グシュタート(編註:スイスのリゾート地)をよく知る君主主義者で、ロンドン版『The Spectator』誌のコラムニストだった人物である。

8960614063_6e67c0ea04_z

タキ・テオドラコプロス。PHOTOGRAPH COURTESY OF OFFICIAL LEWEB PHOTOS (CC BY 2.0)

右翼扇動家でもある、『Breitbart』(編註:米国のオンラインニュースサイト)のミロ・イアノポウロスは、「反主流派の若者」たちは深い政治的理由ではなく、「楽しくて、法を犯せて、社会規範を乱せるから」という理由でオルタナ右翼に引きずられていると主張した。オルタナ右翼の多くはインターネット上におり、彼らはその匿名性の陰に身を隠せるのだ。

残忍なほどの女性蔑視にはじまり、新反動主義者の信奉者たちに至るまで、すべてを取り込んだオルタナ右翼全体をつなぎとめるもの。その本質的は中身にあるのではなく、“スタイル”だ。オルタナ右翼たちはトランプムーヴメントと同じく高慢なる芝居をうっており、それが彼らのポピュリズムをわかりにくいものにしている。オルタナ右翼を支持する白人労働者階級たちは、彼らは自己保身を求めているのではなく、その意図するところは「ノブレス・オブリージュ」(「高貴なるものは義務を負う」という意のフランス語)にあると主張していると、イアノポウロスは指摘した。

オルタナ右翼は、コンサヴァティズムにおけるスピーチの“タブー”がどの程度のものかを試しているようにも見える。何を、どのくらいはっきり言ってもよいのか、ということだ。人種によって頭のよさが違うことは科学的に裏付けられていると明言してもよいのか? レイプの脅威を訴えられるか? トランプを批判したユダヤ人の記者が強制収容所にいる合成写真をつくってもいいのか? どこまでなら許されるのか? 匿名のアカウントから流れ出るナチの映像に気がついても、それを誰が送っているかを特定するのは難しい。このムーヴメントについて最も慎重に報道している機関でさえ、オルタナ右翼の影響力のある声を伝えるには実名ではなく彼らの掲示板上の名前(CisWhiteMaelstrom や、JCM267)を使うしかないのだ。

オルタナ右翼を理解するには、これはムーヴメントではなく、アイデンティティーの実験であるととらえればいいかもしれない。多くの人が、自分の極端な一面をインターネットの匿名性を利用して実験するのと同じ方法だ。

INFORMATION

現在、連載中! ザ・大統領戦「Super Election」

米大統領選は、新たなテクノロジーが社会を変えていく現場だ。全米を舞台に立ち現れるさまざまな事象を、デザインシンカー・池田純一が読み解く。2016年11月、雌雄が決するその瞬間までのドキュメント。

オルタナ右翼のパルチザンたちは、ときにトランプ現象の「先鋒」として表現されることがある。これは、トランプの支持者が、共和党を侵しつつあるアウトサイダーたちだと思われているのと同じだ。しかしこれらの表現は、彼らを新しいグループとしてとらえているという意味で誤った理解だとわたしは思う。むしろ、昔からある既存のグループなのではないだろうか。

2月に行われたニューハンプシャーでの予備選の前、グラナイト州の共和党の上層部は、記者に対してトランプ支持者の名前を1人も挙げることができないと語っていた。しかし、出口調査の結果を見てみると、トランプの支持者はちゃんと社会の中心にいる人々であり、必ずしも末端ではないことが判明した。トランプへの支持は共和党の一部の孤立したグループではなく、全体に広がっていたのだ。増加するトランプ支持者は、テッド・クルーズや、ヒラリー・クリントン支持者と基本的に違わないということがわかったのだ。

トランプはこうした支持者の光のなかへ進み出ることで、もはや外国の軍隊の侵略のようにはみられなくなった。彼らは共和党の基礎に立脚し、保守的な不満に動かされ、それらを表現する新たな方法を模索している。

冒頭のコリン・ローキーは、「革命は冗談にすぎない」とやけくそ気味に語った。確かにそうとらえられる一面もある。しかし、概して冗談とは、わかりにくいものだ。

RELATED