子どもの「あせも」はポイントを押さえて賢く予防&対策

写真拡大

赤ちゃんや子どもの肌トラブルで一番身近なあせも。体温調節などの意味で汗をかくのは良いことですが、ちょっと動いただけでもすぐに汗びっしょりなるからあせもが心配なところ。今回は、そんな子どものあせもと賢く付き合うための予防法や対策をご紹介します!

■ 知っておきたい子どもの特性とあせもの関係

◎ 子どもの特性を理解しましょう

赤ちゃんや子どもは、大人の3倍近くの汗をかくと言われています。それは新陳代謝や体温が高いから。子どもがちょっと動き回っただけでも汗びっしょりになるのはそういう理由なんですね。また、汗が出る汗腺は生まれたときにすべてできていて、小さな体で大人と同じ数あります。つまり、大人の肌と比べて汗腺が密集しており、汗腺が未発達ということも重なってあせもになりやすいのです。

◎ あせもの原因は「汗」

汗には身体にこもった熱を放出させて体温調節をしてくれる重要な働きがあり、汗をかくこと自体はとっても良いことなんです。しかし、その汗かいたままにしておくとあせもやとびひ、アトピーなどさまざまな肌トラブルへと発展してしまいます。そうならないためにも、予防と早めのケアが大切なのです。

■ 汗と賢く付き合って「あせも」を予防と対策

あせも予防や対策に効果的なポイントはいくつかありますが、その中でも押さえておきたいのはこの5つ!

◎ 汗をかいたらスグに拭くか洗い流す

汗をかくとお肌も服もベタベタ…とっても不衛生です。さらに、衣類が擦れてかゆみの原因になったり、あせもの範囲が広がって悪化してしまうことも。汗をすぐに拭きとるなどして、衛生を保つことが大切です。

◎ 適切な気温を保つ

外で遊ばせているときは仕方ないとして、家にいるならクーラーを活用してあせもの原因となる汗を必要以上にかかせない工夫をしましょう。ただし、温度を下げ過ぎると外との温度差で体調を崩しかねません。ほどよい涼しさを心がけましょう。

◎ 汗をかきやすいところにベビーパウダーを

ベビーパウダーには、汗などの水分を吸収してあせもやただれなどを予防してくれる効果があります。関節などのムレやすい場所などにあらかじめはたいておくと良いでしょう。もし粉が汗を吸収していたら、その箇所をキレイにした上でこまめにはたき直してあげることが大事です。

◎ 通気・吸水性の良い服装

お洒落を重視していませんか?子どもは代謝も体温も高いので、「大人より1枚少なく」が原則です。お洒落するのは良いことですが、子どものことを考えた体温調節がしやすい服装に配慮してあげることが大切です。服を買うときも通気性、吸水性の良いものを選ぶようにしましょう。

◎ 暑い時期もしっかり保湿

夏だから保湿はいらないと思っていませんか?実は、夏も冷房や紫外線などが要因で肌は乾燥しているんです。肌が潤っていれば、紫外線のダメージだけでなく汗の刺激も受けにくくなるので、しっかりと保湿ケアをしてあげましょう。

■ ポイントを押さえて「あせも」知らずを目指しましょう!

あせもの原因である汗を減らすために、動き回る子どもをじっとさせようとするのは無理な話です。しかし、子どもの特性を理解した上でしっかりと予防し、どうケアするのかで「あせも」は防ぐことができます。子どものあせもに困ってたという方はぜひこれを参考にして「あせも」知らずを目指してみてくださいね。

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・LS2016 編集:nanapi編集部)