美味しいお酒でスポーツ観戦!秋の夜長に行きたいスポーツバー6選

写真拡大

食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、そしてスポーツの秋! オリンピックは終わりましたが、プロ野球やJリーグはこれからが山場。もちろん海外スポーツだって、いろいろあります。そんなスポーツ観戦を存分に楽しめるスポーツバーをご紹介します。

[関連記事]「休日は読書派」のアナタのための便利グッズ5選

■驚きの仕掛けが満載!
ガストロパブ&スポーツバー「THE PUBLIC SIX TOKYO」

8月4日に六本木にオープンしたばかりの「THE PUBLIC SIX TOKYO」は、森田恭通さんデザインのガストロパブ&スポーツバーです。板張りの外観からはスポーツバーを感じないレストラン仕様ですが、店内にはモニターが12台あり、スポーツ観戦もOK。

スポーツの試合がない日や時間帯にはモニターの一部が隠れています。隠れ場所のヒントは「鹿」。ぜひ店内でチェックしてみてください。

店舗広報部 主任の中田紫野さんによるとオープン後すぐの現時点では20代後半から30代の男性が多めの模様。

六本木だけど、落ち着いた雰囲気と充実したフード&ドリンクが魅力です。日本各地の美味しい食材を使った「TASTES “JAPAN”日本の珍味5種を盛り合せた逸品」(1400円)やオリジナル クラフトビール「THE PUBLIC ALE 」(M 850円)、「国産生姜のスパイシーモスコミュール」(900円)など、女子も手が伸びそうなこだわり素材のおつまみが豊富なのもポイントが高いですね。

Sportsbar1

「THE PUBLIC SIX TOKYO」>> http://www.bagus-99.com/public6/

 

■サッカーを観戦するならばの代表格!
「フットニック」

英国のパブをモデルに、その名の通りフットボール=サッカーを楽しめるスポーツバーの先駆けとして知られているのが「フットニック」。たくさんの人とリアルタイムに見ると体内温度もぐっとあがり、盛り上がります。

大崎店は朝11時から夜1時まで営業し、モニター4台、大型プロジェクター1台で客層は男性6割、女性4割。サッカー日本代表戦は9月は2試合、10月は2試合あるので要チェックですよ。

「おすすめメニューは英国パブの定番のフィッシュアンドチップス(1300円)。東京で一番大きいサイズと自負しております」(フットニック大崎店 ゼネラルマネージャー 田中利幸さん)

恵比寿、中野にも店舗があります。

Sportsbar2

「フットニック」>> http://www.footnik.net/

 

■意外!? 女子も盛り上がれるアメリカ発のスポーツバー
「フーターズ」

1983年10月にフロリダで誕生した、カジュアルアメリカンダイニング&スポーツバー「フーターズ」は現在、東京に4店舗、大阪、名古屋に展開しています。

スポーツ観戦は店内のテレビモニターで行うのですが、それを盛り上げるのがチアリーダーをイメージしたヘルシーグラマラスな「フーターズガール」。そんな彼女たちの魅力もあり、来店客の8割が男性なのですが、フーターズ運営会社エッチジェーのマーケティング部長の松本浩之さんによると女性は女性のグループで来店して盛り上がっているそうです。

9月9日からは日本初上陸のドイツリキュール「スパイス・アップル」を使ったカクテルを国内先行で発売。プレミアム・カリビアン・ダークラムをベースに赤リンゴとブレンドしたリキュールは飲みすぎ注意の少し甘めのテイスト。メニューも従来のお肉中心からシーフードメニューをスタートするなど、女子シフトを強化中です。

Sportsbar3

「フーターズ」>> http://www.hooters.co.jp/

 

■開放感あふれるルーフトップバーの大スクリーンで観戦!
「Rooftop Bar OO」

大阪・なんば駅から徒歩2分にある「Rooftop Bar OO」は、サッカーなどフィールド競技の観戦にぴったりの野外&巨大スクリーンと大迫力音響で観戦ができるスポーツバー。

映画のワンシーンのようなライティングが施されたオシャレな雰囲気のルーフトップのレストランバーには、業界日本最大の500インチ大型スクリーンに映し出される迫力のスポーツ中継や映像は必見。店内バーエリアにも120インチのスクリーンとクラブ並みの音響で、かつてないスポーツ観戦体験ができそう。

「天空ビアガーデンBBQが今年も登場して人気となっています。今年は選べる肉コースまたは海鮮コースでシメにはスノーアイスカキ氷でおもてなしいたします。お客様は女性グループが多めですね」(Rooftop Bar OO PRESS / MANAGER Toru Ikemotoさん)

サッカー日本代表時には問い合わせが多いため、要予約のBBQを楽しみながら観戦できるプラン(3000円・ドリンク別)や予約不要の2ドリンク2000円のプランで対応しているそうです。

Sportsbar4

「Rooftop Bar OO」>> http://r.gnavi.co.jp/k058807/

 

■銀座でも盛り上がりたい!大人のスポーツバー
「ベノア銀座」

ワンランク上の大人の街・銀座にはやはり大人のためのスポーツバーが似合います。「ベノア銀座」は、有名ミュージシャンの演出を担当したスタッフが手掛けた自慢の音響設備による臨場感あふれる空間で、朝5時まで営業。ダーツバーとしては銀座最大級で、ダーツ投げ放題&飲み放題のお得なパックも人気だそうです。

こちらのお店ではフードメニューも充実。旬のフルーツで作ったジャーカクテルや専属パティシエによる秋限定の本格スイーツなど、女性の人気のフードトレンドをばっちりカバー。

「ハロウィンシーズンにはイベントやハロウィンをモチーフにしたフードも提供いたします」(ダーツバー ベノア銀座店 リーダー 小川 暖さん)

Sportsbar5

「ベノア銀座」>> http://www.benoa.jp/ginza/

 

■バリリゾートをコンセプトにしたスポーツ&ダーツバー
「スリーモンキーズカフェ 秋葉原店」

客層で圧倒的に男性が多いのが、秋葉原にある「スリーモンキーズカフェ 秋葉原店」。ダーツエリアとレストランエリアに分かれていて、バリリゾート風の食事もいただけますが、店長の 坂本正夫さんによると自慢はテキーラマエストロが厳選した42種類のテキーラマラソンメニューだとか。

このほか、マジック点灯中の広島カープのユニフォームを着て来店するとプレミアムモルツサービス&カープカツのプレゼントなど、シーズンに合わせたイベントも実施しています。秋葉原最大級の100インチモニター3台・50インチ以上の5台で広島ファンと盛り上がるのもいいかもしれません。

Sportsbar6

「スリーモンキーズカフェ 秋葉原店」>> http://www.pasela.co.jp/shoplist/threemonkeyscafe/akihabara/

 

まだスポーツバーでの観戦にチャレンジしたことがない人、この秋デビューしてみませんか?

 

[関連記事]
今年こそトライ!初心者も安心して楽しめるキャンプ場5選

アウトドア料理を格段とレベルアップさせるグッズ5選

クラフトから夜景まで!注目の東京ビアガーデン&テラス5選

(取材・文/北本祐子)