東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の建設費は、1,490億円といわれています。

東京スカイツリーの建設費は650億円だったので、その2倍以上です。すごい金額ですよね。

でも、世の中には、もっと巨額のコストが投じられた建物が存在するのです!

そこで今回は、アメリカの情報サイト『Gazette Review』が発表した「世界で最も建設費が高い建物のトップ10」を見ていきましょう。

■10位:シティー・オブ・ドリームス(マカオ)・・・24億ドル(約2,476億円)

カジノで有名なマカオ。2010年にオープンしたシティー・オブ・ドリームスは、巨大なリゾート複合施設です。カジノには、450のギャンブル台、1,500以上のスロットマシンが並んでいます。

ほかにも施設内には、レストランやショップ、劇場があり、世界最大の水のショーも上演されています。

■10位:ザ・ベネチアン・マカオ(マカオ)・・・24億ドル(約2,476億円)

続いても、マカオの建物がランクイン! ザ・ベネチアン・マカオは、世界最大級のカジノリゾートです。

550,000平方フィートの広さを持つカジノフロアには、3400台のスロットマシン、800ものギャンブル台が並びます。またホテルは全室スイートで、客室数は2,905室もあるそうです。

■8位:ウィン ラスベガス(ラスベガス)・・・27億ドル(約2,785億円)

エンターテイメント都市として知られるラスベガスにも、巨額の費用がかけられた建物があります。

ウィン ラスベガスは、5つ星を獲得する高級ホテルで、施設内には、全4750の客室、111,000平方フィートのカジノフロア、ナイトクラブ、レストラン、さまざまなストアが入っています。

さらなる拡大を計画しており、あと1,000室を増やす予定だそうです。

■7位:エミレーツ・パレス(アブダビ)・・・30億ドル(約3,095億円)

エミレーツ・パレスは、アラブ首長国連邦にある最高級ホテルのひとつ。

公式では5つ星ホテルとなっていますが、ホテル側はそれ以上に値すると主張しています。394室の客室があり、どの部屋も金のゴージャスな内装となっています。

■6位:ワン・ワールドトレードセンター(ニューヨーク)・・・38億ドル(約3,920億円)

アメリカ同時多発テロ事件の後、2006年からワールドトレードセンター跡地に新しいビルの建設がはじまり、2014年にワン・ワールドトレードセンターが営業を開始。ニューヨークの新しいシンボルとなっています。

1,776フィート(約541m)の高さは、世界で6番目に高い超高層ビルになるそうです。この高さは、アメリカ独立宣言の年(1776年)を象徴しています。

■5位:ザ コスモポリタン(ラスベガス)・・・39億ドル(約4,023億円)

2010年に開業したザ コスモポリタンは、客室数およそ3,000室を誇るカジノホテル。111,000平方フィートのカジノ、レストラン、クラブ、スパ、フィットネスセンターなど多様な施設を備えています。

また施設内にあるマーキーナイトクラブ&デイクラブは、アメリカでもっとも収益を上げているクラブだといいます。

また、ラスベガスのシンボルともいえるベラージオホテルは、建設費だけなら16億ドル(約1,652億円)と、ランキング外です。

■4位:リゾート・ワールド・セントーサ(シンガポール)・・・49億ドル(約5,055億円)

日本からも多くの観光客が訪れるシンガポール。リゾート・ワールド・セントーサは、セントーサ島にある大型複合リゾートです。大規模な施設にも関わらず34か月というスピードですべてを完成させたといいます。

こちらには、世界最大の水族館、ユニバーサル・スタジオ・シンガポール、カジノ、レストラン、ホテルまでが集結しています。

■3位:マリーナベイ・サンズ(シンガポール)・・・55億ドル(約5,674億円)

マリーナベイ・サンズは、3つの高層タワーからなる総合リゾートホテル。

2,561の客室に、ミュージアム、2つの劇場、7つの高級レストラン、世界最大級のカジノ、300以上ものショップが集まります。また屋上にあるインフィニティプールは、宿泊者限定で利用できます。

■2位:アブラージュ・アル・ベイト・タワーズ(メッカ)・・・150億ドル(約1.5兆円)

サウジアラビアにあるイスラム教の聖地、メッカに位置するアブラージュ・アル・ベイト・タワーズは、7つの超高層ビル群です。

ビル内には、ホテルやレストラン、ショッピングモール、エンターテイメントの会場があります。なかでも601メートルの高さを誇るホテル棟には、世界最大の巨大時計が設置されています。

■1位:マスジド・ハラーム(メッカ)・・・1,000億ドル以上(約10兆円)

ダントツの1位は、ブラージュ・アル・ベイトです。世界最大のモスクであり、アブラージュ・アル・ベイト・タワーズの向かい側に位置します。

すでに10兆円以上も費用が使われていますが、拡張工事のため、さらに増える見込みだそうです。

このトップ10のほとんどが、世界中から観光客が訪れるホテルやリゾート施設ばかりでした。

世界には、新国立競技場よりお金のかかっている建物がこんなにあるのです。どれだけ豪華なのか、ちょっと気になりますよね。

一度きりの人生です。死ぬまでに一度はこういった建物を訪れてみてはいかがでしょうか?

(文/椎名恵麻)

 

【参考】

※Top 10 Most Expensive Buildings In The World-Gazette Review