【今さら聞けない】アンダーステアとオーバーステアって何?

写真拡大 (全10枚)

一定の半径でラインをキープできずに膨らんだりすること

アンダーステアとは、クルマが一定の半径の円を走るとき、車速が増すごとにステアリングも切り足さないと、その定常円のラインがキープできない旋回特性のこと。反対に定常円を走るとき、速度が上がるにつれ、舵角を減らしていく必要がある旋回特性は、オーバーステアとなる。

一般的には、コーナーに進入し、ステアリングを切っていったときに、思ったよりもフロントがインを向いていかない場合を、アンダーステア、反対にフロントの回頭性がよすぎる場合、あるいはフロントタイヤよりもリヤタイヤのほうが先に横に向かって滑り出す場合をオーバーステアと呼ぶ。

アンダーステアの原因は、主として3つ。

.ーバースピード
▲好謄▲螢鵐阿寮擇蟆瓩
B紐僂良埖

いずれも、クルマが直進し続けようとする慣性に対し、フロントタイヤのグリップ力が足りない場合に起きる現象で、コーナーの入り口だけでなく出口でも発生するケースがある。

入り口のアンダーステアは、進入速度を下げることでほとんど解消するが、単純にハンドルを切り足せばもう少し曲がるということも稀にある。

出口側のアンダーは、舵角が大きいままアクセルオンした場合、ステアリングを戻しながら、アクセルを加減しながら踏めばよく、舵角が適切にもかかわらずアンダーステアが出る場合は、単にオーバースピードなので、アクセルを戻すかブレーキを踏み直して車速を落とすしかない。

なお、弱めのアンダーステアが出ているときに、車速を落としてフロントタイヤのグリップが一気に回復すると、リヤタイヤが横に流れ出すときがある。これをリバースステアという。

サーキットなどで、ときどきテールが横に流れつつも、イン側に巻き込んでいかず、クルマ全体としてはコースのアウト側へ向かってスキッドしていくマシンがあるが、これはクルマが横向きになっているだけで、進行方向としては直進状態に近いのでオーバーステアとは言わない(これを勘違いして、メカニックに「オーバーステアだ」と伝えると、セッティングはどんどん嵌っていくことになる)。

フロントヘビーのクルマはアンダーステアになりやすい

車体側では、前後の重量バランスがフロント寄りの、いわゆるフロントヘビーのクルマはフロントの慣性が大きくアンダーステアになりやすい。

反対にオーバーステアが出た場合は、カウンターステアを当ててフロントの回頭しようとする力をなくしてしまうか、車速を落としてリヤタイヤのグリップが回復するのを待つのがセオリー。FF車や4WDなどは、アクセルオンで曲がろうとする力を弱め、オーバーステアを抑えるというドライビングもできる。

車体側では、RRやミッドシップなど、リヤヘビーのクルマはリヤタイヤに荷重がかかっている分、リヤタイヤのグリップの限界は高いが、オーバーステアが出ると収束させにくいという性格がある。

通常の市販車は、直進安定性がよく、路面のアンジュレーションや横風の影響を受けにくく、ステアリングの応答性もマイルドな、弱アンダーステアのセッティングになっていると思っていい。

一方、一流のレーシングドライバーたち、ルイス・ハミルトンやミハエル・シューマッハ、日本では星野一義や長谷見昌弘らは、弱オーバーステアを好んでいる。レーシングカーはトラクションが重要なのは、言うまでもないが、彼らは速度が上がるにつれ、ステアリングがピーキーになっても、ターンインでノーズさえきれいに入ってくれれば、リヤタイヤのグリップはドライバー側で御する力量があるのだろう。

反対に、クルマ側には回頭する力が残っているのに、それを引き出せずにアンダーステアを出してしまうことを、「“手”アンダー」(乗り手側のアンダー、ステアリングの切り過ぎ、不足が原因のアンダーステアという意味)という。

(文:藤田竜太)