石川遼は苦戦…最終日で巻き返せるか(撮影:赤澤亮丈)

写真拡大

<フジサンケイクラシック 3日目◇3日◇富士桜カントリー倶楽部(7,471ヤード・パー71)>
 山梨県にある富士桜カントリー倶楽部にて開催中の「フジサンケイクラシック」3日目。全ての選手がホールアウトし、この日“68”でラウンドしたチョ・ミンギュが単独首位に躍り出た。
石川遼が復帰した国内男子ツアーをフォトでチェック!
 
 前半をイーブンで折り返したミンギュは後半に一気に加速。首位に立っていたブラッド・ケネディを追い抜き、トータル8アンダーで初日以来の首位に返り咲いた。
 2位に後退したケネディはトータル7アンダー・2位、トータル5アンダー・3位に片岡大育。石川遼はこの日思うようなプレーができず、トータル3アンダー・5位タイでフィニッシュ。自身初の2週連続Vに黄信号が灯った。
 その他、大会連覇を狙うキム・キョンテ(韓国)が首位から4打差の4位、賞金ランク1位の谷原秀人とリオ五輪からの復帰2戦目となる池田勇太がトータル1アンダー・10位タイで競技を終えている。米ツアーを主戦場とする岩田寛はボギーが先行する苦しい展開でトータル2オーバー・24位タイと振るわなかった。
【3日目の順位】
1位T:チョ・ミンギュ(-8)
2位:ブラッド・ケネディ(-7)
3位:片岡大育(-5)
4位:キム・キョンテ(-4)
5位T:石川遼(-3)
5位T:高山忠洋(-3)
10位T:谷原秀人(-1)
10位T:池田勇太(-1)他
24位T:岩田寛(+2)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>