すがってでも結婚してもらうべきだったのか(写真:アフロ)

写真拡大

 生涯未婚率が高まる中、平成22年度の国勢調査結果によると、40代独身女性でその後の10年間に結婚した人は、たったの「1%弱」だった。一方で、いま40代の独身女性の30%強が、「結婚願望がある」と答えている(※)。出産のリミット、親の期待と世間の目、将来の不安、何より愛の渇望――。結婚が“普通”ではなくなった日本で、理想と現実のはざまに揺れながら、40代独身女性は「結婚」をどう考えているのだろうか。したくなかったのか、できなかったのか、これからするのか。彼女たちの本音に迫る。(※明治安田生活福祉研究所「20〜40代の恋愛と結婚」より)

 * * *
■41歳、岡山県出身・東京都在住、インテリアコーディネーター・優子の場合

「今日は、石井ゆかりさんの“週報”をチェックしてきました。翌週の占いが、毎週金曜、19時過ぎくらいに更新されるんです。石井さんの占いは必ず励ましてくれるから、必ず見ちゃう。でももうこの歳ですから、当たらないことも、よくわかっています。占いが当たるものだったら、私、とっくに結婚してるはずですから(苦笑)」

 待ち合わせたのは金曜の夜20時、東銀座のフレンチビストロ。ひざ下丈のミッド・ナイトブルーのワンピースに、レザーのトートバッグを肩にかけ、優子は颯爽と現れた。若い時はさぞかし美人だったのだろう。似ていると言われて一番うれしかった芸能人は「伊東美咲」だと微笑んだ。

「週末の過ごし方ですか? 一年前から、土曜日は代官山の読書会に通っています。私の行っている読書会ってシステムがすごくきちんとしていて、偏らず、色んな人と、本の感想を話し合えるんです。マニアックな本好きというより、私くらいの、適度な本好きが多いのもいいですね。ちなみに好きな作家は江國香織さんや村上春樹さん。読書会ではビジネス書もけっこう読みますよ。終わった後は飲み会があるんです。趣味の合う人と出会いたい、という下心はもちろんあります。カップルもけっこう誕生しているんですが、私にはまだ出会いがなくて。20代、30代までの若い人が多いからかなぁ。頑張らなくちゃいけませんね」

 現在、婚活中で、「結婚は絶対にしたい」と語る優子。これまでの恋愛遍歴を聞くと、結婚していないのが不思議なくらい、順風満帆だった、35歳までは。岡山の県立高校を卒業後、京都の有名大学に進学、いわゆるリケジョで、大手製薬会社への就職を機に上京する。

「はじめて付き合ったのは大学1年生の時。弓道部の2つ上の先輩でした。好きでも嫌いでもなかったけど、はじめてだったので、こんなものかと付き合って。振り返ると、私の恋愛遍歴の中で一番のお坊ちゃんでした。カレーを作ろうとカレールウを買ってきたら『え、ルウを使うの?』って驚かれて。彼のお母さんはスパイスから調合する人だったみたい。東京の人で、成城におうちがあると言っていましたが、田舎から京都に出て来たばかりの私は『成城ってどこ』って感じ。

 仲はとても良かったです。が、彼が就職して東京に行き、遠距離になって次第に連絡が途絶え、淋しくなって、私から別れを切り出しました。矛盾してるけど、好きだったから。私が東京へ行くまで、のらりくらりとでも関係を続けていたら、結婚していたかもしれないな、とは思いますが、その時は、東京に行くという確固とした意志もなかったので」

 彼氏が途切れたことがない、というほどの恋愛体質ではないが、大学でも会社でも、所属するサークルや部署内で必ず相手は見つかったという。薬学部を卒業し、就職氷河期の時代に、大手企業の内定をゲット。一度の転職を経て、現在は渋谷区在住。華々しいキャリアを重ねているように見えるが、醸し出す雰囲気はやわらかく、キャリアウーマン然とした押しの強さはない。そつなく、感じよく、品よく、それが優子だ。

「新卒で入った製薬会社の仕事はキツかったけど、東京での生活は刺激的で楽しかった。30歳くらいまでは、ほとんど仕事で出会った人と付き合っていましたね。同期、先輩、取引先。彼氏とケンカした次の日は会社を休んだりと、今から考えると恥ずかしいことをしていましたが」

 なぜその間、結婚に至らなかったのだろうか。

「結婚願望はずっとあったんですけどね……。ありていに言えば、好きな人には好かれず、自分を好きになってくれる人を、十分に好きになれなかった。付き合うだけなら、それほど好きじゃなくてもまあいっか、週末を仲良く過ごせるなら、って割り切れるんですが、結婚には踏み切れなくて。でもいつか、結婚にふさわしい人に出逢うだろうと思っていました」

 白馬の王子さまはやってこなくとも、生きている限り平等に、歳はとっていく。31歳のとき、製薬会社を辞めて、インテリアコーディネーターの学校に通うことを決意した。思い切った決断を後押ししたものは何だったのか。

「いつか結婚する、と根拠なく思っていたから、製薬会社で一生働いてキャリアアップしていく、いうイメージを抱けなかったんです。ある程度会社で働いたら、その後は自分の好きなことをやりたいなと。根底に、私は男性に食べさせてもらえる、という考えがあったんだと思う。自信半分、甘さ半分……かな。インテリアが大好き、というわけでもなかったのですが、新しい世界に魅せられて学校に通い始めました。元来、勉強は嫌いではないので。

 当時付き合っていた彼は応援してくれましたね。2年間の学校だったので、卒業して、仕事の目処が立ったら結婚しようと言ってくれて。それまでは応援するよって。彼は製薬会社の同期で、私は、働いても働かなくても、好きにしたらいいという考え方でした。正直、トキメキはないけど安心できる人。それはもう、心からありがたいなと思っていましたから、結婚するだろうと思っていたのですが」

 33歳で専門学校を終えると、学校に紹介されたデザイン事務所にアシスタントとして入社する。「初任給より少ない給料だった」というが、すでに同棲をはじめていたため、あまり気にならなかったという。仕事柄、オシャレな場所での会食やパーティも増え、生活はいっそうキラキラと輝きだした。30代前半の優子はまだ十分に美しかった。

「彼は子供を欲しがっていましたから、一刻も早く籍を入れたいという雰囲気。一方の私は、事務所の女社長にこき使われて(笑)、徹夜することも少なくなかった。要するにすれちがいの生活が続き、仕事に慣れるまでもう少し待ってほしいと。ガツガツ働きたいわけではなかったのですが、新人だからある程度は仕方ないなと。目の前のことをこなしているうちに、責任ある仕事も任されるようになってきて、フリーランスとして独立したんです」

 しかし、35歳の誕生日を前にした矢先、彼氏から別れを告げられた。

「ああ、来たかと。待たせてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいでした。でも考えてみたら、私のほうが崖っぷちですよね。彼がいるという保険があったから会社も辞めたのに、アラフォーになって捨てられて、仕事も安定していない。いまから思えば、彼に謝って、すがってでも結婚してもらうべきだった。それができなかったのは……」

 それなりにモテてきた女のプライドだろうか。あるいは勉強も仕事も人間関係も、そつなくこなせてしまうがゆえに、何かを強く主張したり、何としてでも欲しいものを手に入れる強さを、持っていなかったのかもしれない。

 優子は「適齢期に付き合っていた彼を逃したから結婚していないのだ」と言う。それ以降も、出会いはいくつかあったが、1年以上続くような安定した付き合いには至らなかった。独身者との出会いは年々減っていく。「変わらなければいけない」と心から思ったのは、40歳になったときだった。

「何もしないではいられなくて、結婚相談所に登録しました。ここ最近は、いったいいつまで一人で生きていけばいいんだと、途方に暮れています。安定していない仕事ですから、将来の不安もある。自分で招いた結果であることは重々承知しているんですが、神様、あと一人だけ、出会わせてくださいという気持ちですね」

 結局のところ優子は、それなりにモテる女性が、えり好みしているうちに独身のまま歳をとってしまったパターンなのだろう。

「本当は結婚しなくてもいいんでしょ? 一人で毎日楽しそうだよね? と言われることもあります。そりゃ、楽しく過ごすようには心がけていますよ。つまらなそうにしていたら、誰も寄ってこないでしょうし。でも結婚はしたいんです。それは最終的には世間体とか、食べさせてもらうためとかではなく、一人より二人がいいという純粋な気持ちだと自分では思っている。家族仲良く育ったので、そこは揺るがないんです」

 そう言って、以前、読書会で知ったという本『あなたと読む恋の歌百首』(俵万智著)から、大好きだという歌を口ずさんだ。

「『いつかふたりになるためのひとり やがてひとりになるためのふたり』。浅井和代さんのこの歌が好きなんです。41歳で独身だなんて、自分でもイタイと思っていますが、落ち込んだときはこの歌を口ずさんで自分を励ましています」