「大は小を兼ねる」という言葉は、一定の状況下においては真実だと言えるが、社会には「小」だからこそ良い場合もある。これは日本と中国の文化のある側面にもあてはまるようだ。中国メディアの衢州新聞網は1日付の記事で、日本の「小文化」には思いやりや人への優しさなど、様々な優れた特質が反映されていると絶賛している。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 「大は小を兼ねる」という言葉は、一定の状況下においては真実だと言えるが、社会には「小」だからこそ良い場合もある。これは日本と中国の文化のある側面にもあてはまるようだ。中国メディアの衢州新聞網は1日付の記事で、日本の「小文化」には思いやりや人への優しさなど、様々な優れた特質が反映されていると絶賛している。

 中国人は「大きいこと」を尊重する国民性であり、多くの中国人に言わせれば「大」こそが良質の条件であり、そのため家も車も大きいものを求める傾向がある。これに対し、記事は「しかし日本人が追求する小さいことは、安かろう悪かろうを意味するのだろうか?」と問いを提起、続けて「答えは明らかだ」と指摘、中国人記者が日本の「小文化」を自ら体験した際の感動を紹介した。

 記者が日本のホテルを利用した際、確かに部屋は小さいと感じたが、部屋には「すべてが揃っていた」と説明、さらに「中国のホテルに比べて客に対する思いやりがあり、より人に優しいホテル」だったと絶賛した。つまり、小さいからこそ管理が行き届き、小さいからこそ1人1人の客に対して充実したサービスが提供できるということだ。

 記事は「日本で最も感じたのは誠実さと助け合いの精神」とも説明しており、「自ら体験しなければ日中間の文化の強烈なコントラストを理解できなかったはず」と指摘。国土が小さく、自然災害の多い国だからこそ、日本人は助け合いの精神を持っていたと伝えている。

 「強烈なコントラスト」という表現に、記事が日本で感じた「誠実さや助け合いの精神」が中国では稀な特質であるということがよくわかる。もちろん中国社会にも誠実さや助け合いの精神はあるが、記事が日本で感じたのは、中国に比べてはるかに無私に近い温かな精神だったということだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)