トヨタが世界で展開する高級車ブランド・レクサス。公式サイトのデータによると、昨年世界で約65万2000台が売れ、そのうち8万8500台が香港を含む中国地域で販売された。約36万8000台の北米市場に比べればまだまだ小さいが、中国においても着実にレクサスのブランドは浸透している。(写真はレクサスLFA、写真提供:(C)Steve Lagreca/123RF)

写真拡大

 トヨタが世界で展開する高級車ブランド・レクサス。公式サイトのデータによると、昨年世界で約65万2000台が売れ、そのうち8万8500台が香港を含む中国地域で販売された。約36万8000台の北米市場に比べればまだまだ小さいが、中国においても着実にレクサスのブランドは浸透している。

 新たな市場を開拓するうえで、綿密なブランド戦略は欠かせない。中国メディア・今日頭条は1日、レクサスのブランド戦略を垣間見る事例として、期間限定でわずか500台生産・販売されたスーパーカー・LFAについて紹介する記事を掲載した。

 記事は、「トヨタ傘下のレクサスは、自らの高級感を形作り続けてきた。それにより街にはBBA(ベンツ・BMW・アウディ)の御三家よりも、日本からやって来たレクサスを多く見かけるようになった」と紹介。

 そのうえで、2010年から12年にかけて500台が生産され、日本での販売価格が3750万円という超高額なスーパーカーであるレクサスLFAについて、カーボンファイバー、アルミ合金、本革の完璧な融合から得られる完璧な乗り心地、走りに飢えたクルマというイメージを想起させるようなデザインなどと紹介した。

 そして、莫大な研究開発費用が投じられながら、破格の販売価格によりマイノリティのツールと位置付けられたLFAは「もともとお金を稼ぐためのものではなく、レクサスというブランドを形作るためのものなのかもしれない」と論じた。

 すぐにお金儲けに直結しそうな物は作ればすぐに利益が得られるかもしれないが、それが売れなくなれば終わりだ。しかし、ブランドイメージが残れば、次の製品を開発・販売する際に売りやすくなる。そのためには「ブランドづくり」という手間をかけ、直接の利益につながらない努力も払う必要がある。それができるかどうかが、現在中国の少なからぬ企業が抱えている課題と言えそうだ。(編集担当:今関忠馬)(写真はレクサスLFA、写真提供:(C)Steve Lagreca/123RF)