『動物福祉の5つの自由』を知っていますか?

まず、動物福祉という言葉の意味をご存知でしょうか?
私たちが使う「福祉」という言葉は、公的な配慮によって国民が安定した生活を送ることができる環境を意味します。
では、これを動物に当てはめて考えてみるとどうでしょう。
福祉が意味する通り、動物たちの過ごす生活レベルが適している状態であることをいいます。

ここでもう1つ疑問に思うことが、何を持って適した生活であるといえるのか?
その基準を示すものが、「動物福祉の5つの自由」です。

この「動物福祉の5つの自由」は、1960年代のイギリスで牛や豚、鶏などの家畜が劣悪な飼育管理をされていたため、それを改善し家畜の福祉を確保するために定められたのが始まりです。
それが現在では、人間の飼育するあらゆる動物に対して、世界中で動物福祉の基本として認められています。

動物福祉の5つの自由

では5つの自由とは、何についての自由であるかご説明します。

飢えと渇きからの自由

動物にとって適切で栄養的な食事が十分に与えられているか。
自由にきれいな水を飲むことができるか。

不快からの自由

動物が適切な生活環境で飼育されているか。
生活する環境が清潔な状態であるか。
雨風や雪、強い日差しを避けることができる快適な休息場所はあるか。
生活する環境にケガをしてしまうような物はないか。

痛み・傷害・病気からの自由

動物たちの健康管理や予防はきちんとできているか。
ケガや病気の兆候を示していないか。
ケガや病気をしていたら診療や治療はされているか。

恐怖や抑圧からの自由

動物が精神的なストレスや恐怖を感じていないか。
ストレスを感じていたらその原因を突き止め、対応しているか。

正常な行動を表現する自由

動物が正常な行動を取るための十分な環境が与えられているか。
動物の習性に応じた飼育方法をしているか。

家庭での「動物福祉の5つの自由」は守られているのか?

動物たちが適切な環境で過ごすための「動物福祉の5つの自由」について説明しましたが、家庭で飼われている犬たちはこれらの自由が守られているのでしょうか?

真夏の車内にペットを放置

これは「飢えと渇きからの自由」と「不快からの自由」が守られていません。
少しの間だけだからという考えが後に大きな後悔へとつながります。
また、サウナのような車内への置き去りは、決して快適な環境とは言えません。
真夏の車内に放置されたことで熱中症になり、脱水症状を起こす危険性があります。
絶対に夏場の車中にペットを置き去りにしてはいけません。

ペットが怖がる環境へ連れて行く

例えば、花火大会などにわんちゃんを連れ行っていませんか?
犬たちにとって花火の音は、非常に怖い音です。
人よりも聴覚の優れた犬たちが、人でも大きく感じる花火の音を聴いたらどんな風に聴こえるのでしょう。
犬たちが恐怖に感じている場合は、「恐怖や抑圧からの自由」が守られていません。
飼い主が良かれと思ってしていることが、実は愛犬たちを苦しめているかもしれません。
犬たちが、連れて行った環境でどんな様子なのかをよく観察して、どう感じているか理解できるようにしましょう。

十分な散歩ができていない

これは「正常な行動を表現する自由」が守られていません。
犬は犬種や個々の体質によってどれだけ運動量が必要か異なります。
犬種や年齢、性格上どれだけ運動させてあげるべきか、きちんと理解しておく必要があります。
しかし、散歩が必要だからといって、真夏の炎天下に外へ連れていくのは「不快からの自由」が守られていないことになりますね。

まとめ

犬たちが適した環境で過ごすために必要な5つの自由。
愛犬のためにしていたことが、実は何かの自由を侵している場合があります。
飼い主さんは、自分がしたいことが愛犬もしたいことだと決めつけず、愛犬の立場になって考えて行動することが、最も大切なことではないでしょうか。

この機会に一度愛犬の過ごす環境を見直し、全ての自由が守られているかどうか、愛犬が過ごしやすい環境であるかどうかを考えてみませんか?